ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

死ぬまでに飲みたい最高のワイン!

そんなテーマで、ショップ等で見つけた個人的な絶対飲んでいただきたいワイン、そして、絶対買いの価格のおすすめワインを載せてゆきたいと思います。是非試してください!

 

[2002] ジュヴレ・シャンベルタン(ピュヴィス...

[2002] ジュヴレ・シャンベルタン(ピュヴィス...
価格:4,914円(税込、送料別)

個人的にとても好きな生産者、若いと固かったり美味しいけど中庸……と言われる事が多いが、真の実力を発揮するのはある程度熟成したとき!

ジュヴレらしい土やスパイスのニュアンス、味わいも濃すぎず、薄すぎず、骨格もあり、素晴らしい表情が楽しめる。

この価格は信じられない味わい。

シャンボールミュジニーと国道を隔てたところで造られる希少なシャルドネ。

この価格が底値なので、何本かかって日常にも、特別なひにも、日常用にもまとめ買いをしておきたいワイン。

樽香、果実香、そして美し酸味素晴らしいバランス!

今まで飲んだ中でも最高品質の一本!

若々しさ華やかさ、柔らかさ、深み、全ての要素に満ちあふれそれが高次元でバランスしている!

79も最高だが、ラベルがまだ地味であった76年が10万以内であったら速攻買わなければならない.

しかし、激少の生産量故に個人所有を探すしかないと思う。

オークションを探す

 

 [1988] ピュリニー・モンラッシェ・ピュセ...

 [1988] ピュリニー・モンラッシェ・ピュセ...
価格:44,940円(税込、送料別)

アルマンルソーの90年代は素晴らしいと思う、中でも狙いめは95と97、若々しくありながら柔らかく、そして何よりそこには威厳を感じられる何かがあるからだ。他のヴィンテージは柔らかく飲みやすいが優しすぎてつまらない。

95と97には言葉では表現できない何か……ただただ自然にしかできない壮大なスケールをもった液体に感動するしかないと思う。

もし5万位で入手できるならば迷わず買うべき。

オークションを探す

ルフレーヴの80年代には驚きを隠せない。着色が極端に少ない、なのに熟してナッティーでモカ香、そしてあふれんばかりの芳醇な味わい、うまみ!そして柔らかな酸味といつまでも続くようなミネラル感。

90年代後半以降のルフレーヴも確かに旨い、ただ私が79や83、88、89の村名でさえにも感じられたような心が震えるような若々しさと熟した柔らかさの相反する要素が同居していた昔のスタイルとは違うワインだと思う。

80年代でプルミエクリュ以上優良ヴィンテージ(83,85,88,89)のものなら4万以内、村名なら3万円以内位だと思う。

オークションを探す

フレデリック・コサールの2009年はすごい……そんな話を聞いて半信半疑で飲んでびっくりした。

その香りのゆたかさ、味わいの豊かさ、柔らかさ、骨格の強さ、全ての要素が今までの年とは比べ物にならないほどの高次元でバランスがとれてる。

亜硫酸無添加の風味がり、その凝縮感やミネラルの全てのヴォリュームにはドメーヌ・ルロワを思い出さずにはいられないほど。

サヴィニーは彼が全て畑の世話をしている、実質ドメーヌもののワイン、これ以上コストパフォーマンスの良い若いワインは見当たらない。