ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine Rene et) Vincent Dauvissat(ヴァンサン ド−ヴィサ)

本拠地
シャブリ


歴史
1931年 ドメ−ヌでの元詰めを開始した。
1979年 ルネ(ルネの妹はラヴノーに嫁いでいる)の子供のヴァンサンがドメーヌへ参加し始めた。
2004年 このヴィンテージのワインからDauvissat Camusという中身は同じワインでエチケット違いのワインもリリーズし始める。
2008年現在 ヴァンサンがドメーヌの運営をしている。

 

栽培
ビオロジックで栽培を行い、こまめな世話をしている。
収量はプルミエで50hl/ha程である。グランクリュだと、35hl/haにもなる。

 

醸造
発酵には温度管理が可能なステンレス醗酵槽を採用している。

 

熟成
基本的に樽での熟成を行う。グランクリュで20%前後の新樽を用いて(フィエット(132L)も併用)でおよそ6ヶ月程の樽熟成を行う。
濾過は最小限に抑えて瓶詰めを行う。

 

主要商品(2008年12月編集)
Rouge
Irancy  0.6ha

Blanc
Chablis Grands cru Les Clos 1.7 ha
Chablis Grands cru Preuses  1ha
Chablis 1er cru Vaillons  1.3ha
Chablis 1er cru Sechet 0.8 ha
Chablis 1er cru La Foret  4.5ha
Chablis  1.9ha
Petit Chablis  0.4ha

 

商品、スタイル、他情報について
自社畑は10ha程所有している。
ヴァンサンとラヴノーのジャン・マリーは従兄弟にあたる(ルネの妹がラヴノーに嫁いでいるため)

樽を使用するため、柔らかさがあるが、清涼感のある柑橘系の果実味に、豊かな酸味と、豊富なミネラル感が調和した、骨組みのしっかりした味わい。

 

輸入元
ラック