ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine) Mongeard Mugneret(モンジャール ミュニュレ)

本拠地
ヴォーヌロマネ


歴史
1620年 道家の祖先への歴史が遡れる
18世紀末からワインを造っており、DRCの耕作等にも関わったことがある記録が残っている。
1940年代 戦後すぐにワインの瓶詰めを開始した。
1945年 モンジャール・ミュニュレが会社組織として設立された。
1955年 モンジャール家の8代目ヴァンサン・モンジャールが誕生。
1990年初頭 リュット・レゾネを採用する。
2008年現在 当主はヴァンサンで、彼に代替わりしてからはさらにクオリティの向上を目指している。近年、オートコートにピノノワールとシャルドネの区画を7ha買い足し、ドメーヌは30ha以上の畑を所有している。

 

栽培
摘芽、ヴァンダンジュ・ヴェルトを付し収量を押さえているが、青いタンニンがなく、葡萄が均一に熟すことを目的としているので、極端に凝縮させるためではない。
収穫は全て手摘みである。

 

醸造
100%の除梗を行い、(しかし、2005年のリシュブールは無除梗なので、フレキシブルに対応するようである)、軽い低温浸漬を4−5日行う(ある程度の温度であればSO2添加を大きくする必要はないため、2008年現在では、低温浸漬は行っていない)、ステンレスタンクで自然酵母にて12−15日間の発酵を行う。最高温度は30℃位である。発酵後のマセラシオンは軽く行う。発酵終了後は空圧プレスで軽いプレスをして、グラヴィティシステムによって、地下貯蔵庫へ移される。

白は基本的に樽発酵を行っている。オートコートプリュールは1年樽を使用、オートコートは2年樽を使用

アリゴテ、ブルゴーニュブランはステンレスタンクのみ使用

 

熟成
エシェゾ−以外のグランクリュには新樽を45(エシェゾー)ー100%(クロ・ヴージョ、グランゼシェゾー、リシュブール)用いて熟成をする。プルミエで35ー40%、村名で10(フィクサン、サヴィニー)ー25(ジュヴレ、シャンボール)−35(ヴォ−ヌロマネ、ニュイサン)%程使用し、広域では使用した樽を使用。18−22ヶ月の熟成をおこなう。清澄を行い、無濾過で瓶詰めを行う。
樽へ移して2−3ヶ月後にマロラクティック発酵を行い、それが終わると澱引きを行う、また、瓶詰めを控えるときに2度目の澱引きを行う。

白はアペラシオンによって、樽かステンレスタンクを使用している。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Fixin   1.2ha  40−55年
Gevrey-Chambertin  0.4ha  25年
Chambolle Musigny  0.3ha  30年
Clos de Vougeot  0.6ha
Vougeot 1er cru Les Cras  0.6ha  35年
Echezeaux V.V   
Echezeaux   2.5ha(V.V合わせて)
Grands Echezeaux  1.3ha  40ー68年
Vosne-Romanee 1er cru Les Orveaux  1.1ha
Richbourg  0.3ha  40−60年
Vosne-Romanee 1er cru Les Petits Monts  0.3ha  15−50年
Vosne-Romanee 1er cru Les Suchots  0.2ha  50年
Vosne-Romanee Les Orvaux  1ha  25−52年
Vosne-Romanee Les Maizieres Haute
Vosne-Romanee  2ha  35−72年
Nuits-Saint-Georges 1er cru Les Boudots  0.4ha  30年
Nuits-Saint-Georges Les Plateaux
Nuits-Saint-Georges  0.9ha  30−40年
Pernand-Vergelesses 1er cru Les Vergelesses  0.75ha  50年
Savigny-les-Beaune 1er cru Les Narbantons  1.4ha  53年
Savigny-les-Beaune  0.6ha  36年
Beaune 1er cru Les Avaux  0.45ha  40年
Bourgogne Haute Cote de Nuits La Croix 1.17ha 50年
Bourgogne Haute Cote de Nuits Caprice 2.48ha 25年
Bourgogne Haute Cote de Nuits  2.48ha 30年
Bourgogne Rouge  2.52ha  28−55年
Bourgogne Passetougrains  2.14ha 25−55年 ピノ50% ガメイ50%
Bourgogne Grand Ordinaire  1.3ha  30年 ピノ25% ガメイ75%

Blanc
Puligny-Montrachet  0.3ha
Bourgogne Haute Cate de Nuits Le Prieure  0.3ha  35年
Bourgogne Haute Cate de Nuits  0.2ha  25年
Bourgogne Blanc  0.59ha 24−42年
Bourgogne Aligote  1ha  20−35年

 

商品、スタイル、他情報について
フィサンからニュイサンジョルジュまでコートドニュイの殆どの地区に区画を持ち、サヴィ二ーやボーヌ、ピュリニーをコートドボーヌに所有している。2008年現在30ha以上の畑を所有している。1/3がプルミエやグランクリュである。
エシェゾ−は最大、グランエシェゾ−は2番目に広くアぺラシオンを所有している。
グランクリュとプルミエの殆どに40年以上の古木が植えられている。
ヴァンサンの父ジャンは故ジョルジュ・ミュニュレと従兄弟(母方の親戚)であり、ジャンはステンレスタンクをブルゴーニュへ持ち込んだ人物でもある。

凝縮した濃さはないが、深みのある色合いに果実香と樽香のバランスがとても良いスタイル。味わいもヴォリュ−ム感もあり適度な酸味も存在してバランスが良い。

白は果実香と樽香がうまく調和されており、ミネラルや酸もバランス良く表現されたスタイル。

 

輸入元
ラック
AMZ