ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine)Laurent Roumier(ローラン ルーミエ)

本拠地
シャンボールミュジニー


歴史
1978年 ヴォギュエで1986年まで支配人を勤めたアラン・ルーミエ(ジョルジュ・ルーミエの次男。ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエのジャン・マリーは4男)の長男のエルヴェがアランの持ち分の畑(それまで全てのルーミエ家は全てジャン・マリーが造っていた)から自らのワインを造りはじめた。その後、弟のローランも参画する。
1994年 ローランが独立をし、ドメーヌ・ローラン・ルーミエを設立。畑を1.5ha程分割をする。
1996年 アランの持ち分でドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエに貸していたClos-de-Vougeotがエルヴェ、アランのもとへ戻ってくる。(それまでのエルヴェのクロ・ヴージョはクリストフ・ルーミエが造っていたものから供給されていた。)その後もローランは畑の買い増しに奔走し、1.5haの所有畑が4haを持つまでになった。
2004年 エルヴェが死去、未亡人がドメーヌを運営するが、弟のローランがエルヴェ・ルーミエのため、醸造を担当している。相続等畑の権利関係は不明である。

 

栽培
馬での耕作も一部行っている。
広域で45hl/ha、村名で35-40hl/ha、グランクリュで20-35hl/ha程の収量。

 

醸造
最高温度は33℃で発酵。8-15日のキュヴェゾン。

 

熟成
広域で5%、村名で30%、グランクリュで50%の新樽を使用し、15-18ヶ月の熟成を行う。澱引きは最高4回行う。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Bonne Mare  0.15ha  600本
Chambolle-Musigny 1er cru Les Charmes 0.22ha (2006年〜)
Chambolle Musigny 1.5 ha
Clos Vougeot 0.5ha(斜面上部と下部に所有していて下部はネゴシアンに売ってしまう)
Bourgogne Hautes Cotes de Nuits

 

商品、スタイル、他情報について
クリーンで赤い果実にミネラルが溶け込み小さな赤い花が溶け込んだ芳醇な香り、ピュアな果実味のアタックに、しっかりと骨格に透明感のある酸味とミネラルを感じる。溶けたタンニンがを感じ、余韻はアペラシオンらしい果実のフレーヴァーとフローラルな香り、ミネラル感と酸味をからめた果実味がつづく。ジョルジュ・ルーミエに似ているがもう少し現代的でクリーンな味わい。概してエルヴェよりも果実感が豊かである(エキス分はエルヴェのものの方がより強くでている)。

 

輸入元
コスモジュン