ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine) Jean-Paul et Benoit Droin(ジャン・ポール・エ・ブノワ・ドロワン)
Domaine Droin(ドロワン)(〜2002)

本拠地
シャブリ

 

歴史
1620年 シャブリの土地にドロワン家が始まる。
1698年 ドロワン家は葡萄栽培や、樽の製造、ブレンダーおしていた。
1791年 シャブリ地区にドメ−ヌとして創立された。
1965年 ジャン・ポールがドメーヌへ参画した。
1983年 ジャン・ポールがドメーヌを引き継ぐ。
1999年 ジャン・ポールの息子のブノワが、ディジョン大学やボーヌで学び、研修を追えた後にドメーヌへ参画。この年から醸造所もグランクリュの丘の麓に新設された。
2002年 ドメーヌがドメーヌ・ドロワンからジャン・ポール・エ・ブノワ・ドロワンとなり、エチケットと社名が変更された
2008年現在 ジャン・ポール・ドロワンが経営を、ブノワもワイン生産の責任者を担当している。

 

栽培
収穫は区各によっては手摘み、基本的には機会を使用している。
6000本/haほどの密植度である。

 

醸造
圧搾した後に、ステンレスのタンクに一時的に放置し、デブルバージュを行う。デブルバージュ後、大樽や、小樽にジュースが移される。
昔ながら(ステンレスタンクがまだない時代)からの木製醗酵槽や樽発酵を続けている。
特にグランクリュでは100%の新樽を用いている。
2回/日に温度を測りながら、発酵を続けてゆく。

 

熟成
MLFは100%行い、醸造からそのままの樽で10ヶ月前後の熟成を行う。大樽の物と、小樽のワインをブレンドし、清澄と濾過を行い、瓶詰めをする。

 

主要商品(2008年11月編集)
Blanc
Chablis Grands cru Vaudesir  1.2ha
Chablis Grands cru Les Clos  1ha
Chablis Grand cru Blanchot
Chablis Grands cru Valmur  0.5ha
Chablis Grands cru Grenouilles
Chablis 1er cru Vaillons
Chablie 1er cru Cote de Lechet
Chablis 1er cru Vosgros
Chablis 1er cru Montmains
Chablis 1er cru Vaucoupin
Chablis 1err cru Fourchaume
Chablis 1er cru Mont de Milieu
Chablis 1er cru Monte de Tonnerre
Chablis
Petit-Chablis  1.3ha

 

商品、スタイル、他情報について
13haの畑を所有している。うち3.7haがグランクリュである。

オークの主張の溶け込んだ果実香にしっかりとした火打石の香りの広がりがある。濃縮した果実味にしっかりとしたボディを持ち、ミネラルの固い印象としっかりとした酸味がドライなフィニッシュを生み出している。オークのニュアンスがしっかりとあり。一般的なシャブリには余り見られない厚みがある。

ドメーヌでの推奨の飲み頃はシャブリで2-3年、プルミエで5-7年以降、グランクリュで
8年以降である。

 

輸入元
稲葉