ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine et Negociant)Henry Fessy(アンリ フェッシー)

本拠地
ボジョレー


歴史
1888年 ボジョレーでワインづくりを営みはじめる。
1992年 ボジョレーヴィラージュ・ヌーヴォー・トラディションの生産を始める。
2008年現在 5世代目となりマコネのワインもてがけている。またネゴシアン業も行っており、コートドール全域やローヌのワインも販売を行っている。またこの年のはじメにルイ・ラトゥールによって引き取られた。

 

栽培
収量はボジョレーで66hl/ha、ヴィラージュで60hl/ha、クリュボジョレーで58hl/ha

 

醸造
野生酵母で伝統的な手法で発酵を行う。
ヌーヴォーであっても補糖はしない。

 

熟成
軽いフィルターにかけて瓶詰めを行う

 

主要商品(2008年12月編集)
Rouge
Brouilly Cuvee Pur Sang
Cote de Brouilly
Regnie
Morgon
Chiroubles
Julienas
Chenas
Fleurie
Saint-Amour
Moulin-a-Vent
Beaujolais
Beaujolais-Villages

Blanc
Macon-Burgy

 

商品、スタイル、他情報について
赤は深みのある色合いで黒系の果実の甘酸っぱい香りがあり、ジューシーで口当たりの良いスタイル。酸味が新鮮な印象を与える。

白はフレッシュなレモンやリンゴの香り、フルーティなアタックではあるが、酸味がしっかりしていてドライな印象。

 

輸入元
アルカン(ルイ・ラトゥールによって買収されたため、変更の可能性あり)