ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine)Gillon Freres(ジロン フレール)

本拠地
シャティヨネネ地区 ゴメヴィル村(ブルゴーニュの北限でシャンパーニュの隣)


歴史
1995年 ドメーヌが設立された。山林を所有していた農家で会ったため、開墾して葡萄木を植えはじめた。畑の管理はリュットレゾネを採用。
2000年 醸造を開始する。
2008年現在 パトリック・ジロンによって運営されている。またクレマンで数々の賞を獲得している。

 

栽培
リュットレゾネを採用している。
立地はシャンパーニュのムロン村から200メートル程で土壌構成も同じである。

 

醸造
シャンパーニュの醸造コンサルティングがついている。
ステンレスタンクを使用している。

 

熟成
シャンパーニュの瓶詰め業者に瓶詰めを任せている。
2時発酵で6気圧にしている。

 

主要商品(2008年12月編集)
Rouge
Bourgogne Pinot Noir

Blanc
(NV) Clemant de Bourgogne Brut "Cuvee 0000" PN65% Ch35%
(NV) Clemant de Bourgogne "Brut Cuvee Chardonnay"
Bourgogne Chardonnay

Rose
(NV) Cremant de Bourgogne Rose PN100%
Bourgogne Rose

 

商品、スタイル、他情報について
2008年現在、ドメーヌでは7haの畑から12000本前後のクレマン生産している。
また、熟成期間については述べられていないが、2008年11月の時点で2004年のクレマン(2005年はまだリリースしていない)が売られているため、3-4年の瓶熟成がされていると思われる。
自社瓶詰めは最良の区画1.5haの葡萄から、2ha分はジャン・クロード・ボワセ社へ売却
、3.5haはシャンパンメゾンの経営するクレマンメゾンへ売却してしまう。

柑橘と少しのハーブが混ざりあう香り、キメの細かい泡とエキス分に富み、酸味とエキス分、果実味の広がりがある。余韻に残る酸味やミネラル感も長い。

 

輸入元
ラフィネ