ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Georges Duboeuf(ジョルジュ デュブッフ)

本拠地
ボジョレー


歴史
1993年 ロマネシュ・トラン村にワイン博物館を設立した。

 

栽培(フルーリーシリーズ)
自社畑と優れた栽培農家からの買い葡萄、買いワインを使用する。
クリュボジョレーで56hl/ha前後の収量。
ボジョレーで6000-8000本/ha、クリュボジョレーで8000-10000本/haの密植率。

 

醸造(フルーリーシリーズ)
ボジョレーで26-28℃、クリュボジョレーで28-32℃で発酵を行う。ボジョレーで4-6日、クリュボジョレーで8-12日間のキュヴェゾン。
白は18-20℃で発酵を行う

 

熟成(フルーリーシリーズ)
赤はステンレスタンクで熟成を行う。
白はステンレスタンクのみで熟成、フィッセのみ樽を30%程使用する。
MLFは70-80%程

 

主要商品(2008年12月編集)
Rouge
Beaujolais
Saint-Amour
Julienas
Chenas
Moulin-a-Vent
Fleurie
Chiroubles
Morgon
Regnie
Brouilly
Cote de Brouilly

Blanc
Pouilly-Fuisse  3ha
Saint-Veran
Macon-Villages

 

商品、スタイル、他情報について
ボジョレやマコネのワインをフルレンジで用意している。
優秀な栽培家をポール・ボキューズへ招待するなど士気を高めている。

 

輸入元
サントリー