ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine)Gagnard-Delagrange(ガニャール ドラグランジュ)

本拠地
シャサ−ニュモンラッシェ


歴史
1928年 ジャック・ガニャールが誕生する。
1976年 ドメーヌ・ガニャール・ドラグランジュが創業される。
2008年 現在もジャックによってドメーヌが運営されている.元詰め率は65%程度。

 

醸造
白は全て樽での発酵を行う。

熟成
最大でも20%程度の新樽を用いる。収穫から15-16ヶ月後に、ほぼ濾過を行わず、瓶詰を行う。

 

主要商品(2008年12月編集)
Rouge
Chassagne-Montrachet 1er cru Morgeot
Chassagne-Montrachet 1er cru Clos Saint Jean

Blanc
Montrachet
Batard-Montrachet
Chassagne-Montrachet 1er cru Boudriotte
Chassagne-Montrachet 1er cru Morgeot

 

商品、スタイル、他情報について
歴史のあるシャサ−ニュモンラッシェのドメーヌは結婚すると、嫁した方の姓と旧姓をハイフンで結ぶ風習がある。
2008年現在の当主のジャック・ガニャール・ドラグランジュはエドモン・ドラグランジュ・バシュレの娘婿となる。ジャン・ノエル・ガニャールとは兄弟で、ローランス・フォンテ−ヌ・ガニャールと、クロディーヌ・ブラン・ガニャールの父にあたる。
畑は4.8h程所有している。
また、ジャックは新樽の強烈な批判者で新樽の風味をつけないよう、最低限微酸化に必要な分だけ新樽を使用する。

ソフトな果実香にバターやヘーゼルナッツが溶け込んでおり、複雑な印象、口当たりも果実味が豊かに感じられ、豊かなアルコール感とまろやかな酸味によって柔らかな印象、余韻にも果実味が心地よくのこり、バランスが良い。

 

輸入元
フィネス