ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine)Dominique Mugneret(ドミニク ミュニュレ 2003〜)
(Domaine)Christiane et Dominique Mugneret(クリスチャン エ ドミニクミュニュレ)
(Domaine)Denis Mugneret(ドニ ミュニュレ 〜2002年)

本拠地
ヴォーヌロマネ


歴史
1940年 ミュニュレ家のドメーヌの前身として存在していた。
1960年 ドニ・ミュニュレがドメーヌを創業した。
2003年 ドニが引退し、同時にティボー・リジェ・ベレールとの折半耕作であったリシュブールも契約が切れた。、ドミニクへ引き継がれ、エチケットもドニ・ミュニュレからドミニク.ミュニュレとなった。(クリスチャン・エ ドミニク・ミュニュレのエチケットも存在する。)
2008年現在 ドミニクによってドメーヌが運営されている。 

 

栽培
除草剤は使用している。。殺虫剤の代わりに性撹乱カプセルを使用している。
手作業での収穫を行い、畑と選果台での選果を実施する。
11000本/haの密植で、収量は平均で35-40hl/ha程である。

 

醸造
除梗は100%行い、開放式の伝統的な醗酵槽で、破砕はせずに13℃で6日間の低温浸漬を行う。野生酵母で最高温度の33℃は24時間程保つ。ピジャージュは1日2ー3回、6ー8日間行う。ルモンタージュを主体にピジャージュはやさしく上から40cm程しか押し下げないが、色を出すために最後に底まで押しさげる。

 

熟成
ミディナム〜ハイトーストの樽で、村名は25%、プルミエで50%、グランクリュで75-100%の新樽を用いて樽熟成させる。無清澄、無濾過で瓶詰めを行う。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Gevrey-Chambertin  0.19ha
Echezeaux  0.43ha
Vosne-Romanee 1er cru Au Dessus des Malconsorts  0.06ha
Vosne-Romanee  1.4ha
Nuits-Saint-Georges 1er cru Aux Boudots  0.61ha
Nuits-Saint-Georges Les Fleurrieres  0.42ha
Bourgogne Haute Cote de Nuits  1ha
Bourgogne Piinot Noir  0.35ha
Bourgogne Passetougrains  0.2ha

Blanc
Bourgogne Aligote  0.2ha

 

商品、スタイル、他情報について
2008年現在、ドメーヌでは6haの畑を耕作している。
モンジャール・ミュニュレやミュニュレ・ジブールとは親戚関係にある。
ロマネサンヴィヴァンは畑を所有してはおらず、耕作のみ行っていて、プレス直後のワインを毎年更新の契約で購入している2004年〜3年連続で契約は更新している。

やさしくピュアな果実香に、透明感のある果実味にしっかりとピジャージュによって抽出されたタンニンを感じる。綺麗な酸味の広がりがあり、余韻は樽香や軽やかな果実のフレーヴァー、ミネラル感がある。
軽やかだが、固く引き締まった味わい

 

輸入元
飯田