ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine du Comte Liger-Belair(コント リジェ ベレール)
2002年はヴィコント リジェ ベレールでリリース。

本拠地
ヴォーヌロマネ


歴史
1976年 ドメーヌの所有しているLa・Romaneeの販売権をA・BichotからBouchardへ移行した。栽培や醸造はフォレ家が行っていた。
2000年 1.5haの畑の権利がもどる。La Colombiere ,Clos du Chateau, 1er cru Les Chaumesをドメーヌで管理、一部販売をするようになる。
2002年 La Romanne, 1er cruAux Reignotsの1.6haの権利の一部が切れるにあたって、栽培や醸造もフォレ家からリジェ・ベレール家が行うようになる。当初からビオディナミを採用し、馬による耕作を行った。出来上がったワインの一部をブシャールへ卸していた。
2003年 INAOの要求によってVosne-Romaneeのプルミエ、村名アペラシオン組合ができ、ジャン・イヴ・ビゾーが組合長となり、グランクリュではリジェ・ベレールが就任した。
2005年 ブシャールとの契約がこの年いっぱいできれた。(この年まで5種類)
2006年 この年に5.5haの畑の権利が戻ってきて、全ての所有する畑から製品を出し始めた(この年から12種類)。
2008年 シャトー・ド・ヴォーヌロマネの敷地内に地下はセラー、1階はラベリングライン、2階は多目的室からなる新しい醸造所が完成。

 

栽培
2002年で除草剤を廃止、馬による鋤返しや耕作を行い、ビオディナミを採用している。2005年ではトラクターの使用を完全に馬に替えた。
収穫は手摘みで14キロの小篭に入れて収穫、醸造所でも選果台で選果をして、コンベヤ等で、葡萄が潰れないように移動する。

 

醸造
除梗を行い、醗酵槽へ投入する。15℃程度に温度を下げ、そのまま低温浸漬を1週間程行う。その後、野生酵母で発酵を開始、10ヵ日前後の発酵をルモンタージュとピジャージュをしながら、行う。必要ならシャプタリザシオンをして、2-3日発酵期間をのばす。日に3回のテイスティングを行い、圧搾するタイミングを見極める。
圧搾後はフリーランとプレスジュースを混合して、タンクで10日間休ませ、上澄みをポンプをしようしないで、バレルへ移す。

 

熟成
新樽は100%で熟成を行う。(樽の業者は2つ、産地は3ヶ所を組み合わせで使用。)
収穫から数えて、13-15ヶ月後にポンプを使用しないで澱引きをして、ボトリング用タンクに移す。さらに2-3ヶ月タンクで休ませてから、無清澄、無濾過で瓶詰めを行う。
瓶詰め後は2ヶ月休ませてから、検査して1本づつ紙に包んで出荷する。

 

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Echezeaux  0.63ha
La Romanee  0.84ha (モノポール)
Vosne-Romanee 1er cru Aux Brulees  0.11ha
Vosne-Romanee 1er cru Aux Petits Monts  0.12ha
Vosne-Romanee 1er cru Aux Reignots  0.73ha
Vosne-Romanee 1er cru Les Suchots  0.23ha
Vosne-Romanee 1er cru Les Chaumes  0.12ha
Vosne-Romanee Clos du Chateau  0.83ha(モノポール)
Vosne-Romanee La Clombiere  0.78ha
Vosne-Romanee(複数の畑のブレンド)
Nuits-Saint-Georges 1er cru Aux Cras  0.37ha
Nuits-Saint-Georges Aux Lavieres    0.12ha

 

商品、スタイル、他情報について
2008年現在ではドメーヌでは8.7haの畑を耕作、販売をしている。

熟した黒い果実やスパイス、土の香りが溶け込んでおり、スミレやバラ、樽からのスパイスなど、畑によってミネラル感のある芳醇な香り。滑らかな果実味のアタックに酸味、ミネラルの広がりがあり、滑らかで溶けたタンニンと果実味とフレーヴァーの長い余韻がある。畑によってしっかりとキャラクターが異なり、特に、香りに溶け込むスパイスやミネラル感、味わいの酸味の質、ミネラル感は大きく異なる。

コロンビエールの味わいが基本の味わいと考えると分かりやすい。

クロ デュ シャトーはよく熟れた果実香とビロードのようなタンニンの質はサンジュリアンのワインを連想させる。

レ ショームはミネラル感が良く香りにでていて、味わいもミネラルやエキス分が豊か。

オーレニョは、他の畑で考えられる色々な要素を適度に持っていて、まとまっている。

ラ ロマネはオー レニョの各要素をもう少し大きくまとめたような味わい。

 

輸入元
エノテカ