ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine des Varoilles(デ ヴァロワイユ)

本拠地
ジュヴレシャンベルタン

 

歴史
1989年 スイス人がオーナーとなる。(ハンメルの傘下となる)
2008年現在 ネゴシアンビジネスとして"ネジョン・ショヴォー"を運営している。スイスのハンメル傘下にある。

 

栽培
10000本/haの密植。
収量はヴァンダンジュヴェルト等で制限していて、35-40hl/ha程である。
収穫は手摘みで選果をしながら行い、コンベヤで醗酵槽へ投入する。

 

醸造
発酵はステンレス醗酵槽で行う。12℃で5-6日間の低温浸漬を行い、温度調整をしながら,ピジャージュを2回/日で2週間発酵を行う。
空圧式圧搾機で搾汁を行う。

 

熟成
年に応じて新樽の比率は変わるが、村名で10%、プルミエで25-35%、クロデヴァロワイユやグランクリュで60%程の新樽比率で12-24ヶ月(平均で15ヶ月程)の熟成を行い、ノンフィルターで瓶詰めをする。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Charmes Chambertin 0.75 ha  40年
Gevrey-Chambertin 1er cru Clos de Varoilles  6ha(モノポール)
Gevrey-Chambertin 1er cru La Romanee  1ha
Gevrey-Chambertin 1er cru Les Champonnets 0.66ha   45年
Gevrey-Chambertin Clos du Meix  1ha  35年(モノポール)
Gevrey-Chambertin Clos Saint Pierre  0.2ha
Gevrey-Chambertin Clos du Couvent  0.5 ha 45 年
Bonne Mare  0.33ha
Clos de Vougeot 1 ha

 

商品、スタイル、他情報について
2008年現在、ドメ−ヌでは13ha程の畑を所有している。

色合いは若いうちから少しガーネットの混じる深みのある色合いで、熟した苺や黒い果実の風味が香り、なめし革やシガーヴァニラ、腐葉土等の香りが溶け込んでおり、甘いアタックとエキス分、タンニンが豊富で、ヴォリュ−ム感も豊か、余韻は果実味と、ミネラル感の広がりがある。

ドメーヌ側では最低4-5年の瓶熟成を推賞している。その後長期熟成が可能と発表している。


輸入元
モトックス