ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine des Perdrix(デ ペルドリ)

本拠地
ヴォーヌロマネ


歴史
1996年 アントナン・ロデがドメーヌ・デ・ペルドリを買収した。
2008年現在 アントナン・ロデによって運営されている。

 

栽培
アントナン・ロデと同じように栽培している。
収量は落し、十分に成熟した物を使用するようにしている。
収穫時期の見極めはアントナン・ロデのナディーヌ・ギュブランが行っている。
手摘みで収穫を行う。

 

醸造
基本的に除梗は100%行う。1日に2ー3回のピジャージュを行い18ー20日のキュヴェゾンで発酵、マセラシオンを行う。

 

熟成
グランクリュでは100%、プルミエでは50%前後、村名では30%前後の新樽(残りは1ー3年樽)を使用して、17ヶ月前後の熟成を行う。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Echezeaux
Vosne-Romanee
Nuits-Saint-Georges 1er cru Terres Blanches
Nuits-Saint-Georges 1er cru Aux Perdrix

 

商品、スタイル、他情報について
果実香に樽熟成からくる風味がからみ合い、柔らかい酸味と、豊かなタンニンが程よく感じられ、バランスが良いワイン。

 

輸入元
全日空商事