ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine d'Auvenay (ドーヴネ)

本拠地
サン・ロマン


歴史
1988年 マダム・ビーズ・ルロワが個人の所有として設立
1993年 Bonne Mareを獲得
1994年 Mazis Chambertinを獲得。

 

栽培
ビオディナミでの栽培、ドメーヌ・ルロワ同様に枝先の選定をせずに、上部にまとめ
一番上の針金に寝かせ、そこから下に枝が下がるようにしている。つまりアーチ状にして、葉に当たる日照量を上げるよう栽培している。
トラクターの使用も土壌が圧縮されるのを避けるために多くの労働者を投入し、雑草を刈る等の作業を行なう。
収量は樹齢が高く、非常に粒の小さな実を実らせる木を栽培していることや、剪定によって、かなり制限され、多収量であった1992年で25hl/ha、2006年で16hl/ha程度である。ただし、グリーンハーヴェスト(摘芽、摘葉も)は2006年まで行われたことがない。
また、粗粒着の苗は、ニュイサンジョルジュのプルミエクリュ、ブードにもとの木があり、新規に植え替えを行う際はそこから苗をとっている。

 

醸造
ヴォ−ヌロマネとオークセイデュレスのセラーが両方使用されている。
オークファーメンターを用いて発酵を行っている。ファーメンタ−は美観のため、黒く塗装されている。

 

熟成
凝縮した葡萄の果実に対しての新樽率は100%
無濾過、無清澄での瓶詰め。
ビオカレンダーに合わせての作業

 

主要商品(2008年4月編集)
Rouge
Mazis Chambertin  0.25ha
Bonne Mare   0,26ha
Vornay Santenots
Auxey-Duresses Les Clous

Blanc
Chevalier-Montrachet
Criot Batard-Monrachet
Puligny-Montrachet 1er cru Les Folatieres
Puligny-Montrachet En La Richardet
Meursault 1er cru Gottes d'Or
Meursault Les Pre de Manche
Meursault Les Narvaux
Auxey-Duresses Les Boutonniers
Auxey-Duresses Les Clous
Auxey-Duresses
Bourgogne Aligote

 

 

商品、スタイル、他情報について
ドメーヌでも所有畑は3.87ha程度である。
基準に満たない場合、村名やブルゴーニュまで格下げをして販売をする。そのおかげで小さなヴィンテージの物でも、肩書きを下回るような商品がない。

赤は果実身がとても豊かで、豊かなタンニンが溶け込んでいる。凝縮感もあるが果実身がよたか鉈め比較的早くから美味しく飲める。新樽比率は高いが樽が前に出てくるタイプではない。

白はとても凝縮した味わい、しっかりと酸味を感じ、シャープで切れのある味わい。甘味は多くない。

 

輸入元
グットリヴ