ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Rapet(ラペ)

本拠地
ペルナンヴェルジュレス


歴史
1792年 ワインをペルナンヴェルジュレスで造っている記録がある
2003年 グラヴィティシステムを組み込んだ醸造所を建設。
2008年現在 父ローランと息子ヴァンサンで経営を行っている。栽培と醸造は主にヴァンサンが担当している。

 

栽培
リュットレゾネを採用している。農薬は必要最小限で畑のコンディションによって使用する。収穫はちいさな箱に手摘みで収穫をする。

 

醸造
白は約2時間をかけてゆっくりと搾汁、ステンレスタンク(20−30hl)にて12℃で24時間デブルヴァージュ後に20−22℃で3〜8週間行われる。

赤は100%除梗後にステンレスタンク(30ー50hl)にて3−7日間低温浸漬をおこない、28ー30℃で約10日間の発酵、ピジャージュは1−2/1日行う。

 

熟成
白はアペラシオンによるが、10−12ヶ月、20ー30%の新樽比率で熟成.バトナージュは2週間ごとに春先まで続けられる。1−2回の澱引きと1回のコラージュ後軽くフィルターをかけて瓶詰め。

赤はアペラシオンによるが12−14ヶ月、新樽20%程度の樽熟成で、1−2回の澱引きと1回のコラージュ後軽いフィルターをかけて瓶詰め。

 

主要商品(2008年5月編集)
Rouge
Corton
Corton-Les Pouget
Aloxe-Corton
Pernand-Vergelesses 1er cru Les Vergelesses
Pernand-Vergelesses 1er cru Ils des Vergelesses
Pernand-Vergelesses
Beaune 1er cru Clos du Roi 20年
Beaune 1er cru Graves  50年
Beaune 1er cru Les Bressandes
Bourgogne Rouge

Blanc
Corton-Charlemagne
Pernand-Vergelesses 1er cru En Caradeux
Pernand-Vergelesses Les Combottes
Savigny-les-Beaune
Bourgogne Aligote

 

商品、スタイル、他情報について
18haの畑を所有していて、生産量の30%は白ワインである。
ラペでは若くして飲むワインを造っているわけではない。という哲学がある。

白ワインは厚みがあり,熟した印象とミネラル分によってバランスを保つスタイル。
若くしても飲めるが熟成にむいている。

赤は力強くややタンニンがのっていて,熟成によってバランスがとれるスタイル。

 

輸入元
ファインズ