ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Parent(パラン)
(Maison)Jacques Parent(ジャック パラン)

本拠地
ポマール


歴史
1636年 ポマールに設立された。その後、ホワイトハウス(アメリカ合衆国第3代大統領トーマス・ジェファーソン)にワインを送っていた時期もある。
1803年 ヴォルネーからポマールへ移転し現在のドメーヌの基礎が確立された。
1947年 マキシム・パランが当主のもと、息子のジャック・パラン(19歳)がドメーヌへ参画。
1953年 ジャックがワイン造りの指揮をとりはじめる。
1997年 フランソワがドメーヌから相続をし独立、アンヌ・フランソワ−ズ(Domaine A・F・Grosを経営)とともにDomaine Francois Paretを設立したため、残った姉妹2人でドメーヌを引き継ぐこととなる。
1998年 ジャックからアンヌとカトリーヌの姉妹へとドメーヌの当主が変わる。
2008年現在 13代目のアンヌはワインを造り、妹のカトリーヌは販売を担当している。

 

栽培
厳格なリュットレゾネを採用しており、いかなる場合でも肥料や除草剤は使用しない。
収穫は選果をしながら手作業で行い、醸造所でも振動台でゴミや乾燥果を取り除いた後に、選果台を使用して、計2回の選果を行う。収量は白の広域で50hl/ha程である。

買い葡萄からのネゴシアン業も行っているが、しつけはドメーヌと同じである。

 

醸造
赤は100%の除梗を行い、木製の醗酵槽を使用して、3-5日前後の低温浸漬後、野生酵母で最高温度は32-35℃で2週間前後の発酵、マセラシオンを行う、ピジャージュは2回/日。

 

熟成
平均で村名で30%前後、プルミエやグランクリュで30-70%の新樽を使用して、12-24ヶ月の樽熟成を行っている。
通常の228Lの樽に加え、600Lの大樽(広域は大樽で1年の熟成)も使用している。

 

主要商品(2008年12月編集)
Rouge
Ladoix 1er cru La Corvee
Ladoix
Corton Renardes
Beaune 1er cru Les Epenotes
Pommard 1er cru Les Epneaux
Pommard 1er cru Les Charmots
Pommard 1er cru En l'Argilliere
Pommard 1er cru Les Arvelets
Pommard 1er cru Les Rugiens
Pommard 1er cru Les Chanlins
Pommard 1er cru Clos Micault
Pommard 1er cru Les Fremiers
Pommard Croix Blanche
Monthelie 1er cru Le Clos Gauthey
Monthelie 1er cru Les Champs Fuilliot
Monthelie
Bourgogne Pinot Noir

Blanc
Corton
Bourgogne Chardonnay

 

商品、スタイル、他情報について
ドメ−ヌでは11.57haを所有している。また、ネオシアン業も行っている。エチケットにJacques Parentとなる

赤は完熟した苺の香りを中心に芳醇な果実の香りに少しなめし革が溶け込んでいる。果実味と豊かなタンニンが中心の味わいで、骨格にある酸味は柔らかく、全体的にバランスのとれた味わい。

白は完熟した果実の香りで豊かなミネラル分を感じる口当たり。酸味もしっかりとしており、果実味とミネラルのストラクチャ−も強く、余韻には樽からくる風味が漂う。

 

輸入元
モトックス