ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine P Dubreuil-Fontaine et Fils(P デュブルイユ フォンテーヌ エ フィス)

本拠地
ペルナンヴェルジュレス


歴史
1879年 ピエール・アルピネがドメーヌを創業。
1930年代 ドメーヌ元詰めが開始された。
2008年現在 4代目のベルナール・デュブルイユと5代目のクリスティーヌ・グリュエール・デュブルイユとその夫のニコラ・グリュイエール達によって、運営されている。

 

栽培
リュットレゾネを採用している。有機肥料を使用して除草は鋤入れで対応。肥料の量は必要最低限に抑えている。
手摘みで選果をしながら収穫を行う。

 

醸造
斜面を利用した3階建ての建物(ルイ・ラトゥールと同じように)を使用して、重力で移動ができるようにしている。

赤は100%の除梗、破砕を行う。温度調節のできるステンレスタンクで発酵を行う。
3日間の低温浸漬を行い、30-32度の最高温度で10-12日の発酵の後に5日間のマセラシオンを行う。

白は24時間のデブルバージュを行う。広域は温度調整のできるステンレスタンクで、村名はステンレスタンクと樽を50%ずつ、プルミエ、グランクリュでは全量を樽で発酵を行う。18-20℃で15日間の発酵を行う。発酵が終わる前かバトナージュを週に1回、年末まで行う。

 

熟成
グランクリュであっても50%を超えて新樽を使用することはない。

赤は平均で15-30%程の新樽比率12-18ヶ月の樽熟成をさせる。澱引きはMLF後に行う。
卵白とカゼインで清澄をして瓶詰めを行う。

白は新樽を平均で25-30%程使用して、1年間の熟成を行う。

 

主要商品(2008年12月編集)
Rouge
Corton-Les Perrieres  0.5ha  35年
Corton-Les Clos du Roi  1 ha   35年
Corton-Les Bressandes  0.7ha  30年
Aloxe-Corton 1er cru Les Vercots  0.47ha  30年
Aloxe-Corton 1 ha  30年
Pernand-Vergelesses 1er cru ile des Vergelesses  0.6ha  30年
Pernand-Vergelesses Clos Berthet  0.6ha  30年(モノポール)
Pernand-Vergelesses  2ha 35年
Savigny-les-Beaune 1er cru Les Vergelesses  2.13ha  35年
Beaune 1er cru Montrevenots  0.32ha  30年
Pommard 1er cru Epenots  0.56ha  35年
Pommard  0.93ha  42年
Volnay  0.65ha 42年
Bourgogne La Chapelle Notre-Dame 2.6ha  35年

Blanc
Corton-Charlemagne  0.7ha  35年
Pernand-Vergelesses Clos Berthet 1ha 30年 (モノポール)
Pernand-Vergelesses  1ha  30年
Bourgogne Chardonnay  0.9ha  10年
Bourgogne Aligote  0.82ha  30年

 

商品、スタイル、他情報について
22haを超える程の自社畑を持っている.現在4世代目ではあるが、ブルゴーニュにおいて相続分割が行われていない希少なドメーヌである。

赤はクラシカルなスタイルで、純粋な果実の香りと、果実の味わい。過度な抽出はなく滑らかな口当たりではあるが、若いうちは酸味とミネラルがしっかりとしているため、固さを感じる。長熟で、両年なら、村名でさえ苦味や朽ちた感じは30年位では出てこない。

白は華やかな果実香に樽からの香ばしい香り溶け込んでいる。口当たりは軽めだが、しっかりとした酸味と果実味が調和していて、果実味と酸味の広がりと余韻がある。

 

輸入元
豊通食料