ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Meo-Camuzet(メオ カミュゼ)
(Maison)Meo-Camuzet(メオ カミュゼ)

本拠地
ヴォ−ヌロマネ


歴史
1985年 ドメーヌのエチケットでワインを売り始めた。
1988年 この年まで、メオ家の人間はワイン造り介入せずメタイヤージュ(アンリ・ジャイエ等と)のみであったが、契約が終了するとともに、ドメーヌで造る方向へ決定された。(アンリ・ジャイエはワイン造りのアドバイザーとなった。)
1989年 ジャン・ニコラ・メオがドメーヌを引き継ぎ、自らワイン造りに携わりはじめる。アンリ・ジャイエは醸造の顧問(ジャン・ニコラの補佐)となり、アドヴァイスを送る立場となる。白ワインの生産も始めた。醸造長はクリスチャン・フォーロワ。
1991年 クロ・ヴージョの半分が小作人の管理から還ってきた。
1993年頃 アンリ・ジャイエが顧問を退く。
1997年 残のクロ・ヴージョの殆どが小作人の管理から還ってきた。
1998年 エシェゾーがラインナップに加わる。
2008年現在 ジャン・ニコラ・メオの統括のもと、醸造長はクリスチャン・フォーロワが行っている。

 

栽培
89年にジャン・ニコラがドメーヌを仕切るようになってからは有機栽培を採用し始め、加えて、区画によってはトラクターを導入した。
買い葡萄を使うネゴスと畑の管理も全て行っているネゴスがある。
収量は厳しく制限する。ヴァンダンジュヴェルトには会議的でそれ以前の作業である剪定、芽掻きをしっかりと行っている。
収穫は選果をしながら15-20kg入りのケースを使っての手摘みで、醸造所でもコンベヤ上で厳しい選果を行う。

 

醸造
完全に除梗を行う。破砕せずに発酵層へ葡萄を入れて、低温マセラシオンを15℃くらいで3-5日行う、最高温度が35℃を超えないように温度調整をしながら2-3週間の発酵、最初の15日間はルモンタージュのみ行い、発酵の終わり頃にピジャージュを行う。

 

熟成
プルミエやグランクリュは新樽を100%使用して行う。期間は16−17ヶ月前後で、フランソワ・フレール社製のベルトランジェ(ヌヴェールの小地区)のものを98%使用している。澱引きをしてタンクへ移動、3-4週間落ち着かせてから瓶詰めを行う。
清澄や濾過をせずに重力を利用して瓶詰めを行う。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Marssanay (ネゴス物)
Fixin  (ネゴス物)
Morey-saint-Denis(ネゴスリリース)
Chambolle Musigny 1er cru Les Cras(ネゴスリリース)
Chambolle-Musigny 1er cru Feusselotes(ネゴスリリース)
Chambolle Musigny(ネゴスリリース)
Clos de Vougeot  2.9ha
Echezeaux  
Richebourg  0.35ha
Vosne-Romanee 1er cru Aux Brulees  0.7ha
Vosne-Romanee 1er cru Cros Parentoux  0.3ha
Vosne-Romanee 1er cru Les Chaumes  1.2ha
Vosne-Romanee  1.4ha
Nuits-Saint-Georges 1er cru Aux Boudots  0.5ha
Nuits-Saint-Georges 1er cru Aux Murgers  0.75ha
Nuits Saint-Georges 1er cru Les Argillas(ネゴスリリース)
Nuits-Saint-Georges 1er cru Les Perrieres  (ネゴスリリース)
Nuits-Saint-Georges  0.55ha
Corton  0.45ha
Bourgogne Rouge  0.75ha

Blanc
Bourgogne Haute Cote de Nuits Clos Saint-Perrier  3.6ha

 

商品、スタイル、他情報について
ドメ−ヌでは15.21ha程所有しており、又,ジャン・タルディー等とのメタイヤージュ契約も終了したため、出荷数は2008年現在、以前より少し増えた。
また、葡萄を購入してのネゴシアンものも販売しており、エチケットは赤い文字でメオ・カミュゼと記載されている。
2003年から造られているシャンボールミュジニー(村名、フースロット、レ クラ等)、ニュイサンジョルジュ(アルジラ、ペリエーリ)はワイン造りをリタイアした生産者から畑を借り受けて管理は全てメオ家が行っているが、契約期間が短いためネゴスラベルで販売されている。

深い色調を持ち、凝縮した果実の香りに樽からくヴァニラ香、ロースト香が溶け込んでいる。味わいも果実味が豊かで広がりがあり、骨格にしっかりとした酸味とミネラルを感じられ、タンニンも溶け込んでいる。余韻は柔らかい果実味とミネラルの広がりが中心で、エレガントでバランスのとれている印象を受ける。

 

輸入元
フィネス