ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Marquis d'Angerville(マルキ ダンジェルヴィ−ユ)

本拠地
ヴォルネー

 

歴史
1902年 ギョーム・ダンジェルヴィーユの祖父がドメーヌを受け継ぎ、フィロキセラ後の植え替えを薦めて行った。
1930年代 ドメ−ヌでの元詰めをルソーやグージェ等とともに実践した。アメリカ人にそれを支えられたことによって、アメリカ市場を開拓し、輸出の比率も今日高いものとなっている。
1952年 ジャックの父が死去、ドメーヌを引き継いだ。
1975年 化学肥料を使用していた。
1985年 化学肥料を与えていたのが原因で酸の低下と過剰な窒素による樹勢の強さにこの年まで悩まされていた(レノー・ド・ヴィレットはこの年には参画していた。)
2003年 ジャックが死去
2008年現在 ジャックの息子のギョームとその義理の兄弟で、農学を納めているレノー・ド・ヴィレット(パリ出身で、ジャックの娘と結婚、婿養子に入る条件としてディジョン大学で強制的にワインを学ばせられた。)によってドメーヌを運営している

 

栽培
リュットレゾネを採用、85年頃から化学肥料等を廃止している。
剪定、芽掻きで、一株に6房しか実らないようにしており、また、ヴァンダンジュ・ヴェルトを行って、収量を制限している。
収穫は選果をしながら手摘みで収穫、醸造所でも選果台を使用しての選果を行っている。

 

醸造
100%除梗を行い、木製の発酵槽を使用。短い期間の低温浸漬、アルコール発酵中はルモンタージュを行う。キュヴェゾンは2週間程である。

 

熟成
発酵後の圧搾ではフリーランのみを熟成させる。
アペラシオンや年によってフレキシブルに対応するが、新樽を平均で25%(35%程度を上限)使用し、15-18ヶ月の樽熟成を行う。

 

主要商品(2008年12月編集)
Rouge
Pommard Les Combes  0.38ha
Volnay 1er cru Fremiet  1.57ha
Volnay 1we cru Les Piures  0.31ha
Volnay 1er cru Clos des Duc  2.15ha (モノポール)
Volnay 1er cru Les Angles  0.53ha
Volnay 1er cru En l'Ormeau  0.65ha
Volnay 1er cru Taille Pieds  1.07ha
Volnay 1er cru Caillerets  0.45ha
Volnay 1er cru Champans  3.98ha
Volnay  0.47ha
Bourgogne Rouge  1.17ha

Blanc
Meursault 1er cru Santenots  1.05ha

 

商品、スタイル、他情報について
13.47ha程の畑を所有していて,殆どがプルミエクリュである。

フレッシュな果実香と口当たり、果実味とエレガントな酸味が主体の洗練された印象で、余韻まで果実味と酸味の広がりがみられる。熟成すると動物的なアロマが強くでる。

 

輸入元
フィネス