ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Marc Jambon et Fils(マルク ジャンボン エ フィス)

本拠地
マコン ピエールクロ


歴史
1999年 ドメーヌが設立される。当主のマルク・ジャンボンは50年間に渡りこの地葡萄を栽培してきた(葡萄はネゴシアンに売っていた)。その中でブルゴーニュワイン事務局(B.I.V.B)の会長になる等、生産流通にかかわりを持ってきた。マルクがB.I.V.Bを退職したのとともに息子のピエール・アンドワ−ヌ・ジャンボンがディケムにおける研修〜戻ってきたのを機にドメーヌ元詰めを開始した。

 

栽培
ヴァンダンジュ・タルディヴや貴腐葡萄を使用したキュヴェもある。
厳しい剪定を行い、グリーンハーヴェストを行う等、超低収量で収穫される。

 

醸造
ポンプの使用は最小限に押さえている。
白辛口で、ステンレスタンク発酵を行う
赤辛口でステンレスタンク発酵を行う

 

熟成
マコンの白、赤の辛口に対し新樽は使用しない。
白は10ヶ月程の樽熟成

赤は樽内で12ヶ月程熟成。

 

主要商品(2008年5月編集)
Rouge
Macon Pierreclos (シャルドネと同じ区画アルジロカリケールの粘度土壌にガメイ)

Blanc
Macon Pierreclos Vendanges de la Saint Martin(モワルー:やや甘口)
11月11日(サン・マルタンの日)以降に収穫する遅摘み葡萄を使用、残糖分80g
Macon Pierreclos Noblesse du Chardonnay(リコルー:甘口)
11〜12月にかけて貴腐菌がついているのを確認し粒選りで収穫 残糖分200g前後
Macon Pierreclos Cuvee Fut de Chene 

 

商品、スタイル、他情報について
白は時間とともにハ二−のような香りが漂いはじめるが、瑞々しいグレープフルーツのような果実味と引き締まった酸味が特徴的。

赤はチャーミングで、甘酸っぱ差を感じるスタイル。

 

輸入元
ヴァンパッシオン