ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Lignier Michelot(リニエ ミシュロ)
(Maison)Vergile Lignier(ヴェルジル リニエ)

本拠地
モレサンドニ


歴史
20世紀初頭 ヴェルジル・リニエの祖父が畑を開墾し、ドメーヌの礎ができた。
1960年代 ヴェルジル・リニエがモレサンドニに居を構え、ネゴシアン相手に葡萄を売る栽培家としてスタート。
1970年 ヴェルジル・リニエが誕生。
1974年 Morey-Saint-Denis En La Rue de Vergyを購入し正式にドメーヌとなった。
1990年 ヴェルジル・リニエがドメーヌへ参画。
2000年 ヴェルジル・リニエが運営をするようになる。同時にスタイルを転換、タンニンが強く、固いワインを柔らかさのあるやさしいスタイルへとかえた。
畑の管理も除草剤の使用を廃止、リュット・レゾネを採用。テーブルでの選果、新樽比率を高めた
2000年 同時にネゴシアンであるヴェルジル・リニエも展開しはじめた。

 

栽培
リュットレゾネを採用している。
収量は芽掻き等でしっかりと制限をする。村名やプルミエで40-45hl/ha、グランクリュで35-40hl/haを基準にしている。
手作業での選果しながらの選果、テーブルでの選果も行う。

 

醸造
通常は100%除梗後に5日間の低温浸漬を行う。キュヴェゾンは20日前後で、テイスティングをしながら、どのくらいピジャージュを施すか決めてゆく。

 

熟成
村名で30%、村名V.Vで40%、プルミエで50%、グランクリュは80前後の新樽を使用して12-16ヶ月の樽熟成を行う
澱引きは1-2回、ブレンドする前と、必要であれば瓶詰め前に行う。無濾過で瓶詰めをおこなう。月の運行に合わせて作業は行っている。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Gevrey-Chambertin Cuvee Bertin  0.53ha  1969年  2700本
Clos de la Roche   0.27ha  1968-1993年   1080本
Clos-Saint-Denis
Morey-Saint-Denis 1er cru Aux Charmes  0.25ha  1954年  1150本
Morey-Saint-Denis 1er cru Les Faconnieres   0.73ha  1948年 3400本
Morey-Saint-Denis 1er cru Chenevery  0.27ha   1260本
Morey-Saint-Denis En La Rue de Vergy  1.9hha  1975年  10500本
Morey-Saint-Denis V.V (Vergile Lignier)
Chambolle-Musigny 1er cru Cuvee Jour(SantiersとCarrieresのブレンド)
Chambolle Musigny V.V   1954年
Chambolle Musigny  1.48ha  1965年  7500本
Clos de Vougeot  (Vergile Lignier)
Bourgogne  0.39ha  1966年   2340本

 

商品、スタイル、他情報について
ヴェルジルはグロフィエやティエリー・ボーモン、ダヴィデュヴァン、セラファンなどと仲がよく、情報交換をしている。
ヴェルジル・リニエで出しているクロ・ヴージョはワインのまま購入して04は良い結果がでたが、05は気に入る出来ではなかったので06より原料葡萄のみ購入するようになるらしい。

赤い果実に少しのスパイス、花、土の香りが溶け込んでいる。ピュアな果実味にしっかりと広がりを見せるエキス分、骨格にある豊かな酸味、ミネラル感、溶けたタンニンは余韻までしっかりと続いてゆく。

 

輸入元
豊通食料