ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Laroche(ラロッシュ)

本拠地
シャブリ


歴史
1850年 シャブリにドメ−ヌとして創立された。シャブリの守護聖人である、サン・マルタンの遺骨が安置されているオベディエンスリー修道院分所を社屋としている。
1991年 グランクリュのブランショでレゼルヴ・ド.ロべディエンスリー(後にレゼルヴ・ド・ロべディエンス)が造られるようになる。
2001年 チリのバルディビエソ社とジョイントベンチャーをくむ。
2002年 ジョイントベンチャーでのワインをリリースしはじめる。

 

栽培
芽掻き、必要に応じてヴァンダンジュヴェルトによって収量を制限している。
収穫は手摘みを基本的には採用、できるだけ早く、丁寧に醸造所へ運んでいる。

 

醸造
低圧力の葡萄圧搾機で12-15度の間で12時間かけゆっくりと搾汁を行う、グラヴィティシステムを取り入れている。
グランクリュでは木製醗酵槽を使用、プルミエクリュではステンレスタンクで発酵するなど、葡萄に合わせて醗酵槽を調整する。
シャブリでステンレスタンクで16℃、15日程のアルコール発酵。MLF100%
プルミエは12-14%を樽、残りをステンレスタンクで2-3週間発酵を行う。
グランクリュは30%を樽、70%をステンレスタンクで20℃、3週間の発酵を行う。
グランクリュ・レゼルヴで70%を樽。30%をステンレスタンクで3週間行う。
酵母はセレクトした物を使用し、プルミエ以上では全体の70%をMLFさせる。

 

熟成
発酵同様に臨機応変に行う。
シャブリで6ヶ月ステンレスタンクでの熟成
プルミエは発酵からそのままの容器で9ヶ月の熟成。
グランクリュは発酵からそのままの容器で9ヶ月間バトナージュを行う。その後、3-4年の熟成を行う。
基本的に、シュールリーでバトナージュを行う。ベントナイトで清澄、軽い濾過をして瓶詰め。

 

主要商品(2008年11月編集)
Blanc
Chablis Grand cru Reserve de L'Obedience
Chablis Grands cru Blanchot
Chablis Grands cru Les Clos
Chablis 1er cru Fourchaume
Chablis 1er cru Vaillons
Chablis 1er cru Vau de Vey
Chablis St-Martin
Chablis
Petit Chablis

商品、スタイル、他情報について
プレミアムレンジのシャブリを造っている生産者としては珍しく、スクリューキャップを導入している。

全体的に洗練された香りと味わいで、やさしいアタックでヴォリュ−ム感があり、力強い酸味と、豊かなミネラル感の広がりがあり余韻へと続いていく。バランスが良くとれている

 

輸入元
ディアジオモエヘネシー