ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Jean Gros( ジャン グロ)

本拠地
ヴォーヌロマネ


歴史
1830年 Alfonce Gros(ショー村出身1803〜)がヴォーヌロマネ村の娘と結婚し、ヴォーヌロマネ村に移りすみ、グロ家の歴史が始まる。その後、の曾孫、Louisが、Domaine Louis Grosを不動の地位を築いた。
1882年 この時代に当主であったAlfonceの息子Louis Gustave Grosがリシュブールを2haを購入。2008年現在斜面上から、ベルナール、アンヌ・フランソワ−ズ、アンヌ・グロへと相続されている。
1900年前半 3大めのジュール・グロ(Jules Gros)がレオンス・ボッケからClos Vougeotの2区画を購入、その後もジュールはGrand EchezeauxとEchezeauxも購入した。
1951年 ルイ・グロ(1893〜)が死去
1963年  Domaine Louis Grosが4人の子供へ分割、相続された。(2つに別れた)
1つはGustaveとColetteのDomaine Gros Frere et Souer(2人に子供がいない多め2008年現在ジャン・グロの次男のベルナールが継いでいる)へ相続
2つめはJeanとFrancoisによるSociete Gros Pere et Filsへ相続
1972年 JeanがClos Vougeotを購入
1973年 Societe Gros Pere et Filsが分割、JeanとFrancoisのドメーヌが各々設立された。
JeanのDomaine Jean Gros(1996年、畑は子供へ贈与されたが、現在はJeanの長男のMichel(1975年よりJeanの元で働いている)が、Jeanの流れを組み、Domaine Michel Grosとして運営している。)を設立
Francoisは、Francois Grosを設立(後にDomaine Anne et Francois Gros、さらにDomaine Anne Grosとなる。)
1975年 ジャンは体調を崩していたため、以降ミシェルが殆どの作業を行ない
、ワインを造っていた。
1988年 アンヌ・フランワ−ズへリシュブールの一部を贈与(95年まではミシェルが醸造を行い。それにジャン・グロ、ミシェル・グロ、アンヌ・フランソワ−ズ・グロのエチケットが張られていた)
1990年 Vosne Romanee Aux Reasを購入
1993年 Chambolle Musignyを購入
1995年 Morey Saint Denis La Rue de Vergyを購入
1995年 収穫が終わる頃にJean Grosは完全に引退し、3人の子供達へ財産を分与した。
1996年 Domaine Jean GrosはAnne Francoiseへ残りのリシュブールの全てを相続させた。Domaine自体はMichelに相続する形(ミシェルのエチケットはそれまでに存在していたのだが、全てがミシェル名義でリリースされるようになる)、Domaine Michel Grosとなる。

 

基本的に以下の項目はミシェルに準ずる。75年までもミシェルが学校とジャンから栽培、醸造を学んでいることを考えると同じような手法をとっていたと思われる。
ただし、時代的なことを考えると科学的な農薬がもっと使われていたであろう。のちにミシェルが中心に村全体で農薬をできるだけ減らす運動を行ったことを考えてもそう理解できる。

 

主要商品(2008年6月編集)
Rouge
Clos Vougeot
Richebourg
Vosne-Romanee 1er cru Aux Brulees
Vosne-Romanee 1er cru Clos des Reas
Vosne-Romanee
Nuits-Saint-Georges 1er cru
Nuits-Saint-Georges Les Chaliote
Nuits-Saint-Georges
Bourgogne Haute Cote de Nuits
Bourgogne Rouge

Blanc
Bourgogne Haute Cote de Nuits  1.53ha

 

商品、スタイル、他情報について
ルイからジャンが相続されたのはクロドレア、リシュブール0.5ha、ヴォーヌロマネ0.5haを含む4ha程であった。
75年より、栽培や醸造等殆どミシェルが行っていたため、ミシェルと同じ個性を持つワイン。また、78年よりミシェルに少しずつ畑を贈与していたため、ミシェルエチケットとジャンエチケットが存在するが中身は同じ物(88〜95年までリシュブールにいたってはアンヌ・フランソワ−ズの物も存在する)。