ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Gros Frere et Soeul( グロ フレール エ スール)

本拠地
ヴォーヌロマネ


歴史
1830年 Alfonce Gros(ショー村出身1803〜)がヴォーヌロマネ村の娘と結婚し、ヴォーヌロマネ村に移りすみ、グロ家の歴史が始まる。その後、の曾孫、Louisが、Domaine Louis Grosを不動の地位を築いた。
1882年 この時代に当主であったAlfonceの息子Louis Gustave Grosがリシュブールを2haを購入。2008年現在斜面上から、ベルナール、アンヌ・フランソワ−ズ、アンヌ・グロへと相続されている。
1900年前半 3大めのジュール・グロ(Jules Gros)がレオンス・ボッケからClos Vougeotの2区画を購入、その後もジュールはGrand EchezeauxとEchezeauxも購入した。
1951年 ルイ・グロ(1893〜)が死去
1963年  Domaine Louis Grosが4人の子供へ分割、相続された。(2つに別れた)
1つはGustaveとColetteのDomaine Gros Frere et Souer(2人に子供がいない多め2008年現在ジャン・グロの次男のベルナールが継いでいる)へ相続
2つめはJeanとFrancoisによるSociete Gros Pere et Filsへ相続
1973年 Societe Gros Pere et Filsが分割、JeanとFrancoisのドメーヌが各々設立された。
JeanのDomaine Jean Gros(1996年、畑は子供へ贈与されたが、現在はJeanの長男のMichel(1975年よりJeanの元で働いている)が、Jeanの流れを組み、Domaine Michel Grosとして運営している。)を設立
Francoisは、Francois Grosを設立(後にDomaine Anne et Francois Gros、さらにDomaine Anne Grosとなる。)
1980年 Jeanの息子BernardがGros Frere et Soeurに参加を始める。
1984年 Gustaveが死去する。ベルナールが全ての作業の責任者となる。
2008年現在 殆ど全ての改植がベルナールがドメ−ヌに参加後に行われたため、若木が多かったが、比較的樹齢が安定してきている。

 

栽培
トラクターのタイヤの空気圧を下げる等して,土壌の圧縮をなるべくしないようにしている。
有機肥料を使用するが、低公害性の除草剤を使用する。

 

醸造
コンクリートの醗酵槽を用い、発酵温度は最高温度30℃で10−12℃で発酵を行い、アルコール発酵が完了すると40℃までますとの温度を上げて、抽出を行、24時間かけて温度を下げて圧搾。

 

熟成
圧搾後は7−10日間静置し、浮遊物を沈降させ除去する。
12ヶ月間の熟成中にシュール・リーを保ち、澱引きをしないため、不要な香りをつけないようするためである。
グランクリュには新樽を100%用いる。
瓶詰めの数カ月前に卵白にて清澄はするものの、ノンフィルターで瓶詰めをする。

 

主要商品(2008年6月編集)
Rouge
Clos Vougeot Musigni  1.56ha 86,88,89年に改植,ミュジニーに接する区画
Echezeaux
Grands Echezeaux  0.37ha  76,79年に改植
Richbourg  0.69ha  89,95年に改植
Vosne-Romanee  4.21ha
Bourgogne Haute Cote de Nuits  7.85ha
Bourgogne  2.07ha

Blanc
Bourgogne Haute Cote de Nuits  3.46ha

 

商品、スタイル、他情報について
ブルゴーニュでは樽からの試飲の際に、グラスの残りは樽に戻すのが一般的だが、ここでは飲み残しは捨ててしまう。

深い色調を持ち、濃縮されたとても豊かな果実香にスパイスや樽香が溶け込んでいる。若くても十分に柔らかみのある豊かな果実味と豊かなタンニンが溶け込んでいる。豊かなフレーヴァ−が広がる。

 

輸入元
豊通食料
八田
モトックス
岩田醸造