ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Francois Gros(フランソワ グロ)

本拠地
ヴォーヌロマネ


歴史
1830年 Alfonce Gros(ショー村出身1803〜)がヴォーヌロマネ村の娘と結婚し、ヴォーヌロマネ村に移りすみ、グロ家の歴史が始まる。その後、の曾孫、Louisが、Domaine Louis Grosを不動の地位を築いた。
1882年 この時代に当主であったAlfonceの息子Louis Gustave Grosがリシュブールを2haを購入。2008年現在斜面上から、ベルナール、アンヌ・フランソワ−ズ、アンヌ・グロへと相続されている。
1900年前半 3大めのジュール・グロ(Jules Gros)がレオンス・ボッケからClos Vougeotの2区画を購入、その後もジュールはGrand EchezeauxとEchezeauxも購入した。
1951年 ルイ・グロ(1893〜)が死去
1963年  Domaine Louis Grosが4人の子供へ分割、相続された。(2つに別れた)
1つはGustaveとColetteのDomaine Gros Frere et Souer(2人に子供がいない多め2008年現在ジャン・グロの次男のベルナールが継いでいる)へ相続
2つめはJeanとFrancoisによるSociete Gros Pere et Filsへ相続
1973年 Societe Gros Pere et Filsが分割、JeanとFrancoisのドメーヌが各々設立された。
JeanのDomaine Jean Gros(1996年、畑は子供へ贈与されたが、現在はJeanの長男のMichel(1975年よりJeanの元で働いている)が、Jeanの流れを組み、Domaine Michel Grosとして運営している。)を設立
Francoisは、Francois Grosを設立(後にDomaine Anne et Francois Gros、さらにDomaine Anne Grosとなる。)
1988年 アンヌがフランソワのドメーヌを引き継ぎはじめ、Domaine Francois Gros からDomaine Anne et Francois Grosとなる。

 

主要商品(2008年6月編集)(2008年現在は全てアンヌ・グロが相続している)
Chambolle-Musigny  1.1ha
Clos Vougeot   0.93ha
Richbourg  0.6ha  50年(70年の古木も混じる)
Vosne-Romanee Les Barreaux  0.4ha
Bourgogne Haute Cote de Nuits  0.73ha
Bourgogne Piinot Noir  0.7ha

Blanc
Bourgogne Haute Cote de Nuits  1ha
Bourgogne Chardonnay  0.16ha

 

商品、スタイル、他情報について
フランソワの娘アンヌが参加するようになり、ドメ−ヌ名はAnne et Francois Grosへと変更される。