ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Confuron-Cotetidot(コンフュロン コトティド)

本拠地
ヴォーヌロマネ


歴史
1977年 ギィ・アッカが研修にきて、5代目ジャックとともに、低温浸漬の理論を設立する。以後,アッカは有名なコンサルタントとなる(2008年現在ではギィ・アッカはブルゴーニュの黒歴史…なかったことになっている…である)この年から,アッカのコンサルトを受ける。
1990年代初め アッカのコンサルタントを受けなくなる。
1996年 5代目ジャックの息子のイヴはドメーヌクルーセルの醸造責任者となる。
2008年現在 5代目ジャックと息子のジャン・ピエールとイヴとともに経営

 

栽培
全体的にヴィエイユヴィーニュの木が多く、植え替えはクローンではなくセレクション・マッサルで行っている。
伝統的な栽培法をおこなっている。ヴァンダンジュ・ヴェルトを行う等して、平均で30hl/ha程度収量を押さえる。(ドメ−ヌの中では比較的平均樹齢が低く、平均で50年であるエシェゾ−では多収量の2004年でも28l/haであった)

 

醸造
除梗はいっさい行わずに破砕もなし、天候不順等の恵まれなかった年に年には低温浸漬を十分に行うが、通常はその手順を省いてしまう(アッカの時代には低温浸漬がかなりきつかった)。
温度は最高でも30℃程度に押さえて、3週間以上かけてゆっくりと行う。ピジャージュは頻繁に行う。

 

熟成
新樽の割り合いはアぺラシオンにもよるが20から35%程で18ヶ月から22ヶ月の樽熟成後、コラージュや濾過をしないで瓶詰めを行う。

 

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Mazis Chambertin  ha
Gevrey-Chambertin 1er cru Lavaux Saint-Jacques
Gevrey-Chambertin 1er cru Petits Chapelle
Gevrey-Chambertin 1er cru Craipillot
Gevrey-Chambertin 
Chambolle Musigny
Clos Vougeot  0.3ha   70年以上
Echezeaux
Vosne-Romanee 1er cru Les Suchots  1.34ha
Vosne-Romanee
Nuits-Saint-Georges 1er cru Aux Vignerondes
Nuits-Saint-Georges 1er cru   80年
Nuits-Saint-Georges  80年
Pommard 1er cru Les Arvelets
Pommard
Bourgogne Piinot Noir
Bourgogne Passetougrains

Blanc
Bourgogne Chardonnay
Bourgogne Aligote

 

商品、スタイル、他情報について
現在は11haを擁している。古木の区画が多く、船体では95年にも達し,自然に収量が下がっている。比較的若木のエシェゾ−でも50年超え、ニュイやジュヴレでも80年を超えている。
村名のジュヴレはシャンシェニュ(ジョゼフ・ロティが有名)の畑の葡萄を使用。
村名のヴォーヌロマネはクロドヴージョと接しているポルトフォイユとオー・レアのとなりのジャキーヌの区画の葡萄を使用。
村名のニュイサンジョルジュはラヴィエール(ルロワが有名)とバ・ド・コンブ(ルロワやジャン・タルディーが有名)の葡萄を使用。

決して重すぎることはない程度の凝縮感があり、骨格はしっかりとしているが。タンニンの固さが少ないため柔らかい果実実とエレガントな印象を受ける。

 

輸入元
ラック