ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Berrod (ベロ)  (ルネ・ベロ)

本拠地
ボジョレー


歴史
1954年 家族経営でボジョレー北部の3つのむらにまたがる畑を中心に創設 
1990年代後半 19歳のアンドレがドメーヌを譲り受ける兄ローランド、その妻達、姉妹2人、スタッフ2名で運営。

 

栽培
樹齢50〜90年のガメイを栽培
小さなバケツにて全て手摘み。

 

醸造
除梗をしないで地上より重力を用いてコンクリート層へ送り、アルコール発酵を22〜23℃で行い、30〜32℃で発酵を終わらせる。長命なワインを目指す

 

熟成
年間14〜15℃に保っているセラーにて大樽にて6〜8ヶ月熟成後、無濾過で瓶詰めをし、黒いラップを巻いて保存、出荷(50%を海外13か国へ)

 

主要商品(2008年4月編集)
Rouge
Mourin a Vent les Roches du Vivier Vieilles Vignes 3ha 80ー90年 

 

商品、スタイル、他情報について
ガメイとはいえ長命なワインづくりをしている。
畑はボジョレー北部の3つの村にまたがり、22haの畑を所有している。
スミレのような華やかな香り、口の中に果実味とボジョレーらしいチャーミングなアロマが広がる。タンニンもやさしい。

 

輸入元
イズミ