ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Ballorin & F(バロラン エ エフ)

本拠地
ジュヴレシャンベルタン(醸造所はブロション)


歴史
1996年 ジル・バロランがネゴシアンに就職。その後アントナン・ロデに就職、その後醸造学校に通った。
2005年 ジル・バロラン(シャルロパン・パリゾで研修をした、また、栽培、醸造をジャック・プリュールのナディーヌ・グブランに学んだ)によってドメーヌを創業。3haのフェルマージュがメインの畑であった。
2006年 耕作する畑が5haに増えた。
2008年現在 9つのキュヴェをリリースしている。ジル・バロランと妻のファビエンヌ・ニコ(アントナン・ロデで営業や広報を担当していた)によって運営されている。

 

栽培
ビオロジーを基本にビオディナミを一部採用している。
収量は広域でも30-35hl/haで、NSG Les Damoesなどでは20hl/ha程である。

 

醸造
除梗は100%行い、野生酵母で発酵を行う。ピジャージュは表面から数十センチだけの櫂入れを行う。


熟成
シャルロパンやジャック・プリュールの2ー3回使用樽を使用して熟成をさせる。マルサネ・レゼシェゾー等の村名以上のキュヴェではではさらに新樽を20%〜使用して、14ヶ月の熟成を行う。
無清澄、無濾過で瓶詰めを行う。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Marssanay Les Echeseaux  1ha  4800本
Nuits-Saint-Georges Les Damodes 0.1ha  50年  240本
Bourgogne Le Bons  0.8ha 45-50年  3900本
Bourgogne Passetoutgrains  0.7ha  2500本

Blanc
Bourgogne Aligote  0.4ha  3000本

 

商品、スタイル、他情報について
黒い果実と赤い果実の混じりあった滑らかでクリーミーな香り、果実味の豊かなアタックに、ジューシーな果実味とほんのりとエキス分、柔らかな酸味、ミネラル感、滑らかな溶けたタンニンの広がりがあり、余韻は深いミネラル感と果実味、フレーヴァーがふわりとのこる。

 

輸入元
ヌーヴェルセレクション