ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Arlaud (アルロー)
→2000年まで Domaine Arlaud Pere et Fils(アルロー ペール エ フィス)

本拠地
モレサンドニ


歴史
1942年  ジョゼフ・アルローによってドメーヌ創設
1970年代 エルヴェ・アルローによってドメーヌ元詰めを開始。
1990年前後 ドメーヌ・エルヴェ・アルローからドメーヌ・アルロー・ペール・エ・フィスとなる。
1998年  ジブリアン・アルロー(ニュージーランド、南アフリカにてシャルドネ、ピノノワールを研修)が実質ドメーヌを運営をはじめる(兄弟のロメインもドメーヌに参加している)
リュットレゾネの採用、殺虫剤の廃止、除草剤の廃止、造りがその後変更されて行く。
2000年  ジブリアン・アルローが醸造責任者となり、エチケット一新、ドメーヌ・アルロー・ペール・エ・フィスから、ドメーヌ・アルローになる。
2004年  全ての畑にビオ栽培を導入
2005年  ブルティーユ・アルロー(エルヴェの娘)がドメーヌに参加。
馬による耕作を大部分の畑に導入(ブルティーユが担当)

 

栽培
1998年よりリュットレゾネで除草剤、殺虫剤は使っていない。同時にグリーンハーヴェストの実行2004年より完璧なビオに移行。2005年より大部分の畑でブルティーユが馬による耕作を行っている。
所有している畑の平均樹齢は35年〜50年の物。
ジブリアンに代替わりしてからは広域で36hl/ha、村名で30hl/ha、一級で28hl/ha、グランクリュで25hl/ha程度の収量を守っている。

 

醸造
除梗は100%で低温抽出を軽く行う、発酵はステンレスタンクで野生酵母で行い、15日〜20日のキュヴェゾン、SO2の使用は極力最小限にとどめている。

 

熟成
現在、は新樽を村名で20〜30%、プルミエクリュで30〜50%、グランクリュで50〜100%使用し、最長18ヶ月熟成。無清澄、無濾過で瓶詰めをする。

 

主要商品(2008年4月編集)
Rouge
Clos de la Roche
Clos Saint Denis
Bonne Mare
Charmes Chambertin
Morey-Saint-Denis 1er cru Aux Cheseaux
Morey-Saint-Denis 1er cru Les Milandes
Morey-Saint-Denis 1er cru Les Ruchots
Morey-Saint-Denis 1er cru Blanchards
Morey-Saint-Denis
Chambolle -Musigny 1er cru Noirots
Chambolle Musigny
Gevrey-Chambertin 1er cru Aux Combottes
Gevrey-Chambertin
Bourgogne Rouge "Roncevie"
Blanc
Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc

 

商品、スタイルについて
現在はニュイサンジョルジュに14世紀からのカーウ゛を持ち熟成庫に使用している。
畑は全てで15haになる。
ノースバークレーキュヴェ(アメリカのインポーター)という特別なキュヴェが存在していて新樽率を50〜80%、無濾過、無清澄のものが存在し、キュヴェ・ユニークとして出荷されていた。
それに対し、以前の普通のキュヴェは現在と違い、清澄あり、濾過あり、新樽率は最大10%のであった。その後の通常の商品はジブリアンの参加による品質の向上が、醸造、熟成の変更による品質の向上が目覚ましい。
2000年前半頃の資料によると新樽率は30〜60%程度となっている。
シプリアン氏の品質に対するこだわりの一環として、徹底した選果を行い、基準に満たない葡萄や樽は全てネゴシアンに売却してしまいる。そのため、必然的に最高水準のものだけが瓶詰される仕組みになっている。

色身は鮮やかな色調で、ナチュラルな果実味と美しく伸びやかな酸が特徴。妖しさというよりもピノノワールのピュアな果実身をダイレクトに味わえる。
発酵後のマセラシオンは殆ど行わないことからタンニンの固さがなく、若くても柔らかみがある味わい。

 

輸入元
ヴァンパッシオン
ヴィノラム