ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine Anne Gros(アンヌ グロ)

本拠地
ヴォーヌロマネ


歴史
1830年 Alfonce Gros(ショー村出身1803〜)がヴォーヌロマネ村の娘と結婚し、ヴォーヌロマネ村に移りすみ、グロ家の歴史が始まる。その後、の曾孫、Louisが、Domaine Louis Grosを不動の地位を築いた。
1882年 この時代に当主であったAlfonceの息子Louis Gustave Grosがリシュブールを2haを購入。2008年現在斜面上から、ベルナール、アンヌ・フランソワ−ズ、アンヌ・グロへと相続されている。
1900年前半 3大めのジュール・グロ(Jules Gros)がレオンス・ボッケからClos Vougeotの2区画を購入、その後もジュールはGrand EchezeauxとEchezeauxも購入した。
1951年 ルイ・グロ(1893〜)が死去
1963年  Domaine Louis Grosが4人の子供へ分割、相続された。(2つに別れた)
1つはGustaveとColetteのDomaine Gros Frere et Souer(2人に子供がいない多め2008年現在ジャン・グロの次男のベルナールが継いでいる)へ相続
2つめはJeanとFrancoisによるSociete Gros Pere et Filsへ相続
1973年 Societe Gros Pere et Filsが分割、JeanとFrancoisのドメーヌが各々設立された。
JeanのDomaine Jean Gros(1996年、畑は子供へ贈与されたが、現在はJeanの長男のMichel(1975年よりJeanの元で働いている)が、Jeanの流れを組み、Domaine Michel Grosとして運営している。)を設立
Francoisは、Francois Grosを設立(後にDomaine Anne et Francois Gros、さらにDomaine Anne Grosとなる。)
1988年 アンヌがフランソワのドメーヌを引き継ぎはじめ、Domaine Francois Gros からDomaine Anne et Francois Grosとなる。
1991年頃 3haから6.5haまで畑を拡大し最新のカーヴやセラーを増設した。
1993年 木製の醗酵槽の使用を停止しコンクリート層を使用しはじめる。
1994年 除草剤を廃止した。
1995年 フランソワのあとを完全にアンヌが継ぎ、Domaine Anne et Francois GrosからDomaine Anne Grosへとエチケットを変更した。
1996年 完全に除梗するようになる。
2004年 アンヌの父、フランソワが死去

 

栽培
基本的に有機栽培を行っている。認証の取得には興味がない。
耕作やコンポストを中心に畑での仕事を行う。化学薬品は必要最小限に押さえている。

 

醸造
100%の除梗を行う。培養酵母と自生酵母で酒母を造り、マストに添加して発酵を開始する。低温浸漬は行わないが、収穫した葡萄の温度が22℃(97年)の時には18℃まで一度葡萄を冷却してから発酵をスタートさせたが、基本的には手を加えない。
発酵はコンクリート槽で32〜34℃で12ー15日間の発酵を行う。発酵前半はルモンタージュを行い、後半はピジャージュを1日2回を上限に行う。

白はステンレス製(イノックス)の醗酵槽を使用する。

 

熟成
広域で30%、村名で50%、グランクリュで80%の新樽を用いて16ヶ月程の熟成を行う。

 

主要商品(2008年6月編集)
Rouge
Chambolle-Musigny La Combe d'Orveau 1.1ha
Clos Vougeot Le Grand Maupertui  0.93ha
Richbourg  0.6ha  50年(70年の古木も混じる)
Vosne-Romanee Les Barreaux  0.4ha
Bourgogne Haute Cote de Nuits  0.73ha
Bourgogne Piinot Noir  0.7ha

Blanc
Bourgogne Haute Cote de Nuits Cuvee Marine  1ha
Bourgogne Chardonnay  0.16ha

 

商品、スタイル、他情報について
アンヌは80年代中盤にフランソワ(79年心臓病を患い81年に手術、その後は仕事が思うようにできなかったといわれている)を1年だけ手伝うことからワインづくりが始まった。その後リセ・ヴィティコールの社会人クラスにて1年間学び、89年にはペンフォールド(オーストラリア)でワイン・ビジネスを学んだ。その後結婚(1男2女の母親となりながらも)さらにその間もワイン造りに携わる。
祖父にルイを持ち、父はフランソワ・グロ(Domaine Francois Gros)、従兄弟にはミシェル・グロ(Domaine Michel Gros)ベルナール・グロ(Domaine Gros Frere et Soeul)アンヌ・フランソワ−ズ・パラン(ミシェルやベルナールの強大でポマールのDomaine Parentのパラン家に嫁いだ)(Domaine Anne Francoise GROS、単にA.F.Grosと表記)を持つ。

重すぎないが豊かな果実感、エキス分も程々にバランスされていて綺麗な酸と硬質なミネラル、解けたタンニンを感じる。

白は果実の熟した香りが有り、そこにハーブや,ミネラルが溶け込んでいる。値段のワリに評判の高い白ワイン。

 

輸入元
八田
ボニリ