ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Domaine A・F・Gros( アンヌ フランソワ−ズ グロ)

本拠地
ボーヌ


歴史
1830年 Alfonce Gros(ショー村出身1803〜)がヴォーヌロマネ村の娘と結婚し、ヴォーヌロマネ村に移りすみ、グロ家の歴史が始まる。その後、の曾孫、Louisが、Domaine Louis Grosを不動の地位を築いた。
1882年 この時代に当主であったAlfonceの息子Louis Gustave Grosがリシュブールを2haを購入。2008年現在斜面上から、ベルナール、アンヌ・フランソワ−ズ、アンヌ・グロへと相続されている。
1900年前半 3大めのジュール・グロ(Jules Gros)がレオンス・ボッケからClos Vougeotの2区画を購入、その後もジュールはGrand EchezeauxとEchezeauxも購入した。
1951年 ルイ・グロ(1893〜)が死去
1963年  Domaine Louis Grosが4人の子供へ分割、相続された。(2つに別れた)
1つはGustaveとColetteのDomaine Gros Frere et Souer(2人に子供がいない多め2008年現在ジャン・グロの次男のベルナールが継いでいる)へ相続
2つめはJeanとFrancoisによるSociete Gros Pere et Filsへ相続
1973年 Societe Gros Pere et Filsが分割、JeanとFrancoisのドメーヌが各々設立された。
JeanのDomaine Jean Gros(1996年、畑は子供へ贈与されたが、現在はJeanの長男のMichel(1975年よりJeanの元で働いている)が、Jeanの流れを組み、Domaine Michel Grosとして運営している。)を設立
Francoisは、Francois Grosを設立(後にDomaine Anne et Francois Gros、さらにDomaine Anne Grosとなる。)
1976年 ポマールのフランソワ・パラン(Domaine ParentのJean・Parentの長男でのちにDomaine Francois Parentとなる)
1988年 父ジャンからリシュブールの一部を相続するが、以後95年まではミシェルが醸造した物にA・F・Grosのエチケットが張られる。
1988年 親戚筋のコカット家(EchezeauxやVosne Romanee、Hautes Cote de Nuitsに畑を所有)を引き継ぐ形でフラジェ・エシェゾ−にドメ−ヌを設立する。
1995年 夫フランソワとともにSavigny Les Beaune 1er Cru Clos des Guettesを購入し、所有畑を拡大する。
1996年 ジャンからの相続で、残りのリシュブールを全て相続する。
1997年 夫フランソワが両親から相続した畑を元に独立。ボーヌ市内に醸造所、カーヴを購入する。Domaine Francois Paretが設立される。(Domaine Parentはフランソワの兄弟が引き継いでいる。)

 

 

栽培
有機肥料を2年に1回程度畑に使用する。除草は鋤入れで対応し、急斜面で鋤入れが難しい畑には芝を植えて雑草が生えないようにしている。
収穫時と醸造所での2回の選果を行う。

 

醸造
100%の除梗を行い、オークファーメンターを使用し(コンクリートの醗酵槽も使用する)、8℃で4日間の低温浸漬(2008年以前の資料では10−12℃で4−5日間)を行う。発酵温度は低めを推移させ、26〜28℃程度(2003年にいたっては22℃程度だったという)で5−6日間のアルコール発酵(2007年より以前の資料では最高34℃で5日間)、その後4−5日のマセラシオンを行い、その間1日1回のピジャージュを行う。

 

熟成
使用する樽はベルトランジュのオークを使用し、そのうち10%はハイ・トーストの物を使用するが、あまりトースト香はつかない。
グランクリュで100%、村名やプルミエで30ー50%の新樽を用いる。
15−18ヶ月の熟成後、キューヴにて静置し、大きな澱を沈降させる。清澄は行わず、鳥によっては軽いフィルターをかけ瓶詰めを行う。

 

主要商品(2008年6月編集)
Rouge
Chambolle-Musigny  0.39ha
Echezeaux  0.26ha  60年
Richbourg  0.6ha  15-55年
Vosne-Romanee Aux Reas  1.63ha
Vosne-Romanee Clos de la Fontaine  0.36ha 15年 (モノポール)
Vosne-Romanee Les Chalandins  0.34ha
Vosne-Romanee Haute Mazieres  0.28ha
Savigny-les-Beaune 1er cru Clos de Guettes  0.67ha
Beaune 1er cru Les Boucherottes  0.3ha
Beaune 1er cru Les Montrevenots  0.26ha
Pommard 1er cru Pezerolles  0.34ha
Pommard 1er cru Les Arvelets  0.31ha
Pommard 1er cru Les chanlins  0.13ha
Bourgogne Haute Cote de Nuits  3.23ha
Bourgogne  0.74ha
Bourgogne Grand Ordinaire  0.21ha

 

商品、スタイル、他情報について
パランのエチケット野茂のと基本的には中身は同じ物である。
また、2000年頃の資料によると発酵温度は最高で32℃、日に3回のピジャージュを行い、キセルギュールと濾過板によるフィルタリングを行っていた。
ナチュラルな果実香に樽香が溶け込んでおり、豊かな果実味と、柔らかなタンニンをもち、小さくまとまった印象。若干酸にねばりを感じる物が多いといわれている。

 

輸入元
豊通食料
ラック