ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine)Comte Senard(コント スナール)
Domaine des Terregelesses(デ テールジュレス)

本拠地
アロースコルトン

 

歴史
1857年 ジュール・スナールによってっ創立された。
1971年 フィリップ・スナールが参画
1987年 レバノン人のギィ・アッカのコンサルタントとして雇いはじめる。
1989年 フィリップが、ドメーヌ・デ・テールジュレスの製造や販売やディレクターも行うようになる。
1993年 アッカがブルゴーニュをさり、醸造環境もかわってゆく。
2008年現在 ジュール・スナールの孫であるフィリップ・スナールによって運営される。また、ドメーヌ・デ・テールジュレスも、同じデザインのエチケットで流通されている。

 

栽培
化学肥料や薬剤の使用をできる限りさけて栽培を行う。
アッカは化学薬品の使用を控え、密植、低収量を提唱していた。

 

醸造
アッカの手法を少し変更した造りを行う。低温浸漬をかなり低い温度でしっかりと行う、亜硫酸を多く必要とするため、硫黄化合物(特にメルカプタン)を窒素源が少ない状態になると、酵母が生成しやすくなるため、発酵が終了するとすみやかに高温を保ち、残った酵母を死滅させる手法をとっている。

白は樽発酵を行う。

 

熟成
赤は新樽を30%程使用し、と2年樽を使用して、18ヶ月の熟成を行い、無濾過で瓶詰めを行う

白は発酵からそのまま熟成させる。

 

 

主要商品(2008年11月編集)(Comte Senard)
Rouge
Corton Clos des Meix 2.5 ha (モノポール)
Corton-en Charlemagne
Corton-Les Clos du Roi  35年
Corton-Les Bressandes  40年
Aloxe-Corton 1er cru Les Valozieres 10年
Aloxe-Corton   25年
Chorey-les-Beaune Les Champs Longs

Blanc
Corton
Aloxe-Corton

 

主要商品(2008年11月編集)(Domaine des Terregelesses)
Rouge
Savigny-les-Beaune 1er cru Les Vergelesses
Savigny-les-Beaune
Chorey-les-Beaune
Beaune

Blanc
Corton-Charlemagne
Savigny-les-Beaune 1er cru Les Vergelesses
Chorey-les-Beaune

 

商品、スタイル、他情報について
若いうちはフレーヴァーもたっぷりで濃厚だが飲み口、適度な固さがあり、酸味やミネラルがしっかりとしたタンニンとともに骨格を形成している。
熟成すると動物的なニュアンスやスパイス等のブーケが出てきて、しっかりとしたエキス分があり、雑味のない酸味、ミネラルの骨格が、適度な固さとして感じられる。

 

輸入元
大榮産業