ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine du) Comte Armand(コント アルマン)

本拠地
ポマール


歴史
19世紀初頭から続いている名門ドメ−ヌ
1992年 栽培、醸造をおこなっているパスカル・マルシャンによって有機栽培が開始された。
1994年 この年までPommard 1er cru Clos des Epneaux(モノポール)のみの所有だった。
1995年 Auxey-Duressesを取得。
1996年 Volnay村にBourgogne Blanc
1999年 パンジャマン・ル・ルーがパスカル・マルシャン(名声を不動の物にした立て役者)にかわり、栽培、醸造責任者に就任。コント・ラフォン等と交流があり、徐々にビオディナミを取り入れていたが、この年から完全にビオディナミへ転換した。

 

栽培
ビオディナミを採用。

 

醸造
赤ワインは100%除梗後,4−5日間14℃にてプレマセラシオンを行う。その後6−10日間アルコール発酵。ピジャージュは1日に1−5回程度。

白は圧搾後、樽にてアルコール発酵。1週間−3ヶ月程度16−22℃で行われる。

 

熟成
赤は0ー80%の新樽をキュヴェに合わせて使用し、18−22ヶ月樽熟成させる。1−2回澱引きは行い、無濾過で瓶詰めをする。

白は樽熟成は0ー50%の新樽を使用し18ヶ月行う。バトナージュはせず、必要に応じており引きを1−2回行い濾過をして瓶詰めをする。

 

主要商品(2008年5月編集)
Rouge
Pommard 1er cru Clos des Epneaux
5.3ha(70.55年 3ha)のキュヴェで (35年1ha 20年1.5ha)分はプルミエに格下げされる
Pommard 1er cru
Volnay
Auxey-Duresses 1er cru (Les BreterinsとBas des Duressesのブレンド)

Blanc
Bourgogne Blanc

 

商品、スタイル、他情報について
ブルゴーニュブラン(ヴォルネイ村)の植えかえにはマコネにあった樹をマッサルセレクションにて植え替えを行った。フレッシュなワインを造るため、粒が小さく酸が豊かな葡萄を収穫したかったからである。(温暖なマコネでは酸味を失いがちなので酸味の豊富なシャルドネのクローンが植えてある所が多い)

赤は濃厚な果実香があり、味わいも力強く、深みが十分にあるが、タンニンやミネラルの骨格の堅牢な固さがかなりあるので10年以上の熟成が必要。

白ワインはフレッシュで程よく凝縮された味わいで酸味も豊か。

 

輸入元
ファインズ