ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine)Claude Dugat(クロード デュガ)

本拠地
ジュヴレシャンベルタン


歴史
1960年台 化学薬品や農薬の使用が進められたブルゴーニュに置いて、クロードの父モーリスはそれらに手をださなかった。
1977年 モーリスからドメーヌをクロードが引き継いだ。
1989年 この年からリュット・レゾネとなる。
2008年現在 祖父フェルナン(90歳でなくなる直前まで畑に立っていた。)からモーリスへと受け継がれたドメ−ヌはクロード・デュ、ベルナール・デュガ・ピィに分割相続され、それぞれの運営がなされている。

 

栽培
祖父の代から農薬等は使用しておらず、現在も厳格なリュット・レゾネを採用している。また、殆どが馬による耕作は専門の業者に任せるが、クロードは馬を所有しており、自前の馬で耕作している。
4haの畑に5人の栽培担当者を雇っている(通常1人で4hまで管理ができるといわれて
いる。)
芽掻きや、ヴァンダンジュ・ヴェルトを徹底的に行い、古木の区画では収穫量は18hl/ha程度になる事も多い。広域で平均35hl/ha程の収量である。
全て手摘みで完熟した葡萄の収穫(収穫時期は早めだが、除葉等でしっかりと実を熟させる)を行い、畑での選果と、微振動式選果代で2回の選果を行う。また、葡萄果の温度が上がらない午前中のうちに収穫を行う。

 

醸造
コンクリートタンクやイノックスのタンクを使用し、野生酵母を使用する。
長めのキュヴェゾン。


熟成
プルミエやグランクリュで100%、村名や広域で50%の新樽を使用し、16ヶ月前後の熟成を行う。基本的には無清澄、無濾過で瓶詰めを行う。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Chapelle Chambertin  
Griotte Chambertin  0.12ha  600本
Charmes Chambertin  0.3ha  1500本
Gevrey-Chambertin 1er cru Lavaux Saint-Jacques  0.3ha  1500本
Gevrey-Chambertin 1er cru Craipillot
Gevrey-Chambertin 1er cru  0.3ha  1500本
Gevrey-Chambertin   3.5ha  12000本
Bourgogne  1.1ha  7500本

Blanc

 

商品、スタイル、他情報について
2008年現在4ha程の畑を所有している。

公表はないがルモンタージュや低温浸漬的な滑らかなタンニン、色合い、果実味がある。

熟した芳醇なベリーな果実香に樽からくるヴァニラが溶け込んでいる。口当たりも凝縮し、やわらかい果実味があり、タンニンは溶け込んでいて滑らかなくちあたり、骨格には柔らかな酸味とミネラルが存在するが、凝縮した果実味によってきつさを感じさせない。
余韻も素晴らしく凝縮した果実の香りとミネラル感が続く。

 

輸入元
ラック
ミレジム