ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine)Christophe Buisson(クリストフ ビュイッソン)

本拠地
サンロマン


歴史
1990年 クリストフ・ビュイッソン(石工の息子であった)がクルティエとして働きはじめた。
1996年 90年からSaint-RomainやHautes Cotes de Beauneに畑を地道に買っていて、それをもとにドメーヌを設立した。
2008年 38歳になるクリストフ・ビュイッソンによって運営されている。

 

栽培
リュット・レゾネを採用。
全て手摘みで収穫し、厳しい選果を行う。

 

醸造
グラヴィティシステムを利用し、ポンプを殆ど使用しないですむようにしている。
人為的な介入を避けた醸造法をとっている。

 

熟成
赤は新樽を10ー20%程使用し、無濾過、無清澄で瓶詰めを行う。
白は新樽を20%程使用している。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Savigny-les-Beaune Le Mouttier Amet
Auxey-Duresses Les Grandws Vignes  40−45年
Saint-Romain Sous Le Chateau 1.1 ha  35年
Bourgogne Haute Cote de Beaune Les Pierres Percees
Bourgogne Piinot Noir

Blanc
Beaune Clos Saint Desire
Saint-Romain Sous Le Chateau
Bourgogne Aligote Vieilles Vignes  40−50年

 

商品、スタイル、他情報について
2008年現在、ドメ−ヌでは8haを所有している。
フランス国内(ギド・アシェット等)での評価が非常に高い。
赤はフローラルな香りと多彩な果実の香りが溶け込んでおり、滑らかなチャーミングな果実味のアタックと、華やかな酸味とミネラルのニュアンス、細やかなタンニンの広がりがある。余韻は果実味を中心にミネラルをしっかりと感じられる。
白は白いフルーツやパッションフルーツのような熟れた果実の香りに花の香りがとノワゼット少し溶け込んでいる。アタックは溶け込んだミネラルのニュアンスを含む果実味で、十分に広がりを見せる液化したミネラルがそのまま余韻へと続いてゆく。

 

輸入元
ヌーヴェルセレクション(2008年現在は情報無)