ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

Chateau de Mercey(ド メルセー)

本拠地
メルキュレー


歴史
2008年現在 アントナン・ロデによって運営されている。

 

栽培
アントナン・ロデと同じように栽培している。
収量は落し、十分に成熟した物を使用するようにしている。
収穫時期の見極めはアントナン・ロデのナディーヌ・ギュブランが行っている。
手摘みで収穫を行う。

 

醸造
赤は果梗を残して発酵、日に2回のピジャージュで20日前後のキュヴェゾンで行う。

 

熟成
赤の広域では20ー30%程樽熟成、残りはイノックスのタンクで熟成。
村名、プルミエで20ー30%の新樽を用いて、15ヶ月前後の熟成を行う。

白の広域はイノックスタンクで熟成させ比較的早く瓶詰めを行う。
村名では30%を樽で、70%をイノックスのキューヴで15ヶ月程の熟成を行う。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Chateau de Mercey Santenay
Chateau de Mercey Maranges 1er cru Les Clos Roussot
Chateau de Mercey Mercurey 1er cru En Sazena
Chateau de Mercey Bourgogne Haute Cote de Beaune
Chateau de Mercey Bourgogne Pinot Noir

Blanc
Chateau de Mercey Mercurey
Chateau de Mercey Bourgogne Haute Cote de Beaune

 

 

商品、スタイル、他情報について
白は樽熟成からのナッツ香と固さを感じる果実香に溶け込んでいる。柔らかい果実味と酸味のバランスがとれている。

 

輸入元
全日空商事