ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine)Alain Verdet(アラン ヴェルデ)(〜2001)
(Domaine)Aurelien Verdet(オーレリアン ヴェルデ)(2002〜)

本拠地
アルスナン


歴史
1604年 ヴェルディ家は既にこの地に住んでいた。
1971年 ビオロジックを栽培に取り入れた。
1990年 ビオディナミを採用。
2002年 アランから息子のオーレリアン・ヴェルデ(22歳)がにBourgogne Hates Cotes de Nuitsの畑やセラーを受け継いだ。Domaine Aurelien Verdetとなる。
2004年 この年から他のニュイの畑の物を手掛けるために4haのHautes Cotes de Nuitsを貸し出している(売ったともある)。コート・ド・ニュイ等に多くの畑を賃借契約し、製品化を始めた。

 

栽培
ビオディナミを採用している。
収穫は全て手積みで行う。
自社畑以外ではパカレとおなじように、畑での作業や収穫に制限されない賃借契約を結んでいる。平均収量は35ー40hl/haである。

 

醸造
野生酵母を使用しての発酵を行う。キュヴェゾンは30日程度行う(アラン時代)
オーレリアンはSO2の使用を極限まで控えている。5ー6日の低温浸漬の後、野生酵母、ステンレスタンクで15日間の発酵を行う。毎日ではあるが、最低限のピジャージュとルモンタージュを行う。キュヴェゾンは最長30日に及ぶ事もある。

 

熟成
オーレリアンはヴィンテージにより新樽の比率は大きく異なるが、2006年の平均で、30%程の新樽を用い、14ヶ月程の熟成を行っている、バトナージュは回数を少なめに行い、無清澄、無濾過で瓶詰めを行う。

アラン時代はオート・コート・ド.ニュイは普通のオート・コート・ド・ニュイの30%〜100%(上級キュヴェ)の新樽を使用して2ー3年間熟成させる。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Gevrey-Chambertin 1er cru Fonteny
Gevrey-Chambertin
Chambolle-Musigny 1er cru Les Charmes
Chambolle Musigny
Vosne-Romanee 1er cru Les Beaux Monts
Vosne-Romanee
Nuits-Saint-Georges 1er cru La Richemone
Nuits-Saint-Georges 1er cru Torey
Nuits-Saint-Georges
Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Le Prieure
Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Cuvee Sepcial(アラン時代)

Blanc
Bourggogne hautes Cotes de Nuits Cuvee Fut Neuf(アラン時代)

 

商品、スタイル、他情報について
2004年の時点でアランから受け継いだ8.5ha(PN80%、Ch15%、ALG5%、殆どが1960年植樹)のうち、4haは貸し出しを始めた(売りに出したともある。)。

オーレリアン
色は淡いが、赤い果実に黒い果実が程よく混ざり、紅梅、土っぽさ、ジビエ、苺ジャム等の香りが少しの樽香が溶け込んでいる。豊かな果実味のアタックとエキス分、深みのあるミネラル感、柔らかい酸味の豊かな広がりがある。エキス分、果実味、フレーヴァー、ミネラル感の深みの余韻が長く続く.

アラン
赤い果実に十分に溶け込んだ樽の要素を感じる。縦に流れてゆく果実味に適度な密度があり、骨格にしっかりと酸味があり、ミネラル感と少しスモークをからめた果実のフレーヴァーの余韻がある(アラン)。

白は豊かな果実香に樽香がしっかりと溶け込んでおり、、味わいは力強く凝縮した果実味に豊かなミネラルと柔らかい酸味とともに骨格に感じられる。縦方向への伸びがあり、ミネラルや花、少しの樽香の余韻が続く(アラン)。

 

輸入元
ラシーヌ(オーレリアン)
ディオニー(アラン〜オーレリアン)