ブルゴーニュワインのドメーヌ、メゾンの詳細情報ならアベックブルゴーニュ

(Domaine)Anne et Sebastien Bidault-Gibourg(アンヌ エ セバスチャン ビドー ジブール)

本拠地
モレサンドニ


歴史
1998年 ボーヌの農業学校で学んだセバスチャン・ビドーはエチエンヌ・ソゼや父の所有しているピュリニー村の畑でさらに勉強した。
1999年 ドメーヌ・ロべール・ジブールへクリスチャン・ビドーが参画し、栽培、醸造を担当するようになった。
2005年 ドメーヌ・ロベール・ジブールの娘アンヌと結婚したセバスチャン・ビドーがロベール・ジブールから1haを購入し、ドメーヌを創立させた。セバスチャン・ビドーはロベール・ジブールで働きながら、同じ蔵を間借りして造っている。
栽培はビドーとその父(ルフレーヴで栽培責任者を1975ー2007まで行った。)で畑の管理をしている。
2008年現在 ビドーはロベール・ジブールからさらに0.8haを購入した。

 

栽培
ビオロジックを採用しているが、ビオディナミヘ移行予定がある。
1本の木に5ー6房実らせる程度に収量を制限している。

 

醸造
空気を発酵中に果汁内に送り、液循環させる等してピジャージュで抽出されるようなタンニン等が出てこないようにしている。


熟成
樽熟成期間は12ー18ヶ月程度で無濾過で瓶詰めを行う。

 

主要商品(2008年11月編集)
Rouge
Gevrey-Chambertin
Morey-Saint-Denis
Chambolle Musigny

Blanc


商品、スタイル、他情報について
2008年現在ドメーヌでは1.8haを持っている。最初に購入した1haは1920年代に植え替えが行われた古木の区画に限定されていて、0.8haも古木の区画に限定されて購入した。
ロベール・ジブールとの大きなさ葉収量の制限をより厳しくしている事と無濾過、樽熟成期間である。

ピュアな赤や黒の果実香に少しの樽香、土っぽさ、動物の香りが溶け込んでいる。アタックに軽やかでピュアな豊かな果実味が骨格にある酸味、ミネラル感とともに広がってゆく。タンニン(樽からくるタンニン)はやや後半に感じられるが青さや濃さによるものではなく、心地よいアクセントになっている。

 

輸入元
ラフィネ